メーカー直販価格[ペア]
   120,000円(税・送料込)













≫ 特長

≫ 仕様

≫ 販売ページ



天然木無垢オーク材を使用したエンクロージャー。

外観のスクエアな印象からは想像できない複雑な内部構造により実現した、吸音材ゼロの鮮烈サウンド。

高性能DDリニアユニットを天然木エンクロージャーへ入念にアッセンブルする、少量生産方式。

SH-EP7の小音量でも大きく広がる音楽空間は、まるで楽器のように語りかけてきます。





【掲載誌情報】


●『DigiFi [デジファイ]』No.9

“PCオーディオ時代の注目商品レビュー”(108〜109ページ)で紹介されました。
 

 
●『Gaudio [ガウディオ]』No.02

“注目新製品レポート”(85ページ)で紹介されました。

 
●『特選街』2013年6月号

“ゼロからわかる《楽》オーディオ塾”(83ページ)で紹介されました。


 
●『デジモノステーション Vol.133      “PURE VISIONARITY”(7ページ)で紹介されました。
 
●『特選街』2013年3月号      “今月の新製品”(130ページ)で紹介されました。




  ≫ レクスト・スピーカーの比較試聴動画はこちら

  ≫ お客様のご感想はこちら


 



 
■天然木オーク無垢材のエンクロージャー

スピーカーは小型になればなるほど、エンクロージャーの材質が音質に大きく影響を与えます。SH-EP7は、一般的なスピーカーの材質として採用されることの多いMDF/パーティクル ボード/合板といった材は、音質的な理由から一切使用していません。スピーカーの材質は、楽器にも採用されるような音楽と相性の良い天然木が適しており、音質も優れています。

そのため、SH-EP7ではスピーカーユニットとの相性を検討した結果、天然木オーク無垢材をエンクロージャーを採用しました。複雑な内部構造材を含め、全てオーク材です(“REQST”エンブレム部のみ、天然木ブラックウォールナット製)。

更に、同じオーク無垢材でも、SH-EP7は柾目を積極的に採用。柾目のオーク無垢材は、板目の材と比べ歩留まりがよくないのでコスト高です。しかし、柾目には反りや収縮などの狂いが少ないという特徴があり、スピーカーエンクロージャーに適しています。コストアップよりも音質を選択しました。

贅沢なオーク無垢材ですので、塗装にもこだわりました。植物油と植物性ワックスを使用した天然木材保護塗料“プラネットジャパン/グロスクリアオイル”による、木目を活かしたナチュラルカラーのオイルフィニッシュ仕上げです。自然塗料オイルフィニッシュの無垢オーク材の佇まいは圧巻。まるで楽器さながらのスピーカーです。

 
■クラス最大級の17cmウーファー搭載

約20cm角の小型スピーカーながら、横幅の限界に近い17cmの高性能DDリニア・ウーファーを搭載。

SH-EP7では、DDリニア・シリーズ最新作であるアルパイン/DDL-R170S(標準価格 \29,400)を、独自のチューニングを施して使用しています。REQST PROのモニター・スピーカーに採用しているDLX-Z17PRO(標準価格 \105,000)に比べ、価格は大幅に下がったものの、カーボンセラックコーティングの3層振動板/ダブルギャザードエッジ/高磁力ネオジウムマグネットなどの仕様はそのまま継承している上質なユニットです。

 

 
■小さな音量でも、大きく広がる力強いサウンド

ウーファーの背圧は、約5ミリの狭いエア・スリットから、フロント下部にテーパー状に広がるダクトへと放出されます。このエア・スリットの効果により、一般的なバスレフ方式のようなダクト共鳴による増強に頼らず、鮮明な低音が小型エンクロージャーから得られます。

また、ツイーター、ウーファー、エア・スリットダクトを、高いフォーカス精度を持たせながら角度をつけ、あたかも1つの大きなユニットが動作しているようにレイアウトしました。小型スピーカーで不満の出やすい小さな音像という問題点を克服し、広大なサウンドステージで音楽を描き出します。

 

 
■高性能ツイーターをオーク材ウッドブロックに固定

伸びのある自然な中高域再生が特徴のデュアルエミッション磁気回路ツイーターを、スピーカー天板にオーク無垢材のウッドブロックで固定。

保護ネットを排除し、リングイコライザーを搭載することで、ストレス無く高域を伝播します。

 
■吸音材ゼロで、音楽の鮮度を逃さず再現

無垢オーク材で構成される複雑な内部構造により、吸音材を全廃しました。 音のブレーキとなる吸音材から解き放たれた音楽が、演奏家の感情そのままの抑揚で、鮮度高く再現されます。

また、ウーファーはコイルやコンデンサーなどのネットワーク回路を使用せず、アンプと直結しています。ウーファーの振動特性をコントロールすること で、クロスオーバー付近の特性を微調整。ウーファー・スルーのスピーカーにありがちな音質の暴れを解消しているため、ウーファーが配線上アンプと直結されるメリットが活きてきます。

 
■少人数&少ロット生産による徹底した音質管理

木工職人さんの手で丁寧に組み上げられた天然木オーク無垢エンクロージャー。そして上質なスピーカー・ユニット。それらの潜在能力を最高に引き出すため、レクスト代表 西野正和が責任をもって、SH-EP7のアッセンブル作業を一人で行います。時間はかかりますが、1台 1台その音質を確認しながら、音質に一切の妥協を許しません。

天然木エンクロージャーであるがゆえに、音質にバラツキが出る可能性 があります。大量生産方式では左右チャンネルの音質差となって音楽に影響し、満足できるサウンドが得られないかもしれません。レクスト独自の振動コントロール技術を活用し、手間と時間は必要ですが、楽器を生み出すような慎重さで音質を確認しながら丁寧に仕上げていきます。

特にユニットの取り付けは重要で、無垢材の強度を感じながら、手締めによる厳密なトルク調整を行っています。まさに楽器の調律を彷彿させる組み立て工程を経て、SH-EP7は完成します。

完成後には、1台1台厳密な試聴テストを行い、合格したスピーカーのみを自信を持ってお客様へお届けします。

無垢エンクロージャーや良質なスピーカー・ユニットを採用し、手間と時間のかかる手仕事のアッセンブルを行っていますが、販売価格はできるだけ抑えることを目標に開発しました。代理店を介さない木工職人さんからの直接仕入れ、そしてオーディオ販売店を通さずにメーカー直販製品とすること で、高品質な仕様とサウンドの無垢スピーカーでありながら、ペア12万円(税・送料込)という価格設定を実現しています。


 



≫ 【スピーカーSH-EP7】 販売ページへ


【 お客様からのご感想 】

−−−−−−−−−−−−−−−−

造りがていねいで、好感を持ちました。
解像度が高いので、よく聴くクラシック、ジャズともに楽しんでいます。

(神奈川県 Y様)

−−−−−−−−−−−−−−−−

スピーカーの大きさからは考えられないような音に驚いています。
エージングが進むことで、どう音が変化していくか楽しみです。

(大阪府 T様)

−−−−−−−−−−−−−−−−

第一印象は、とってもクリアな音。

しばらく聴いていると、何だか自分の周りを音楽が爽やかに走り抜けていくような感覚になりました。もちろん細かい音、小さい音もしっかり聴こえてくる。

そして、ちょっと大きめの音量で聴いた時、夜中などに小さい音量で聴いた時、何か他のことをしながらBGM的に聴いた時、どんな場合でもとっても心地よく音を奏でてくれます。いつまでも聴いていられる、聞いていたいという印象です。いやあ、本当にいい買い物ができました。

貴社の本やブログを見てできるところは頑張ってみたものの、自分のオーディオのセッティング等々はたぶんまだ全然なんだと思います。SH-EP7の実力はもっともっと素敵な物なのでしょうね、きっと。

自分はホントここ最近オーディオを気にし始めた初心者です。他の製品も両手で数えれる程度しか聴いたことがありません。もしかしたら片手で済んでしまうかも・・・。ですので、上記の感想が実際どこまで的を得たものかは自分自身甚だ疑問なところがありますが、単純に自分の耳で聴いて素直に思った事として読んで頂ければ幸いです。

(東京都 H様)

−−−−−−−−−−−−−−−−

年末にSH-EP7購入しました藤沢のSです。
娘が受験でじっくりと聴く機会がなく、感想が遅くなってしまいました。
   
このスピーカー只者ではなく、最高のひとつに巡り会えた感です。
   
宣伝に違わず、空気感、存在感をあまりに甘美に濃厚に描き、それでいて基盤のシャープさもハイレベルにある。こんなスピーカーは、確かにショップのどんな高価なスピーカーでも出会ったことはない。ハーベスなどの甘美なスピーカーは、どうしても眠さが気になり、BWのようなしゃきっとした音は甘美さが足りない。


 1.具体的な曲の印象

(松任谷由実)
歌声は甘美にねっとりと、しかしバックの演奏は高解像度でしゃきっとしてしているので、ユーミンの魅力のバックのシンフォニーはしっかり伝える。一番好きな「埠頭を渡る風」という曲は、これまでで聴いた環境でぶっちぎりで一番良いです。

(佐野元春)
演奏をしっかり濃淡で表現できるので、エッジの効いた声質でない元春の歌声を安心感を持って聴ける。これまた最高。

(サザン)
初期のアルバム群は、意図されているのか録音されている音に分離感が少なく(ユーミンのシンフォニックさの対極)、これまでのシステムでは、団子状態な音で心地良くきけませんでしたが、団子ではなくバンドとしての演奏感を大切にする意図でパンニング?をあえて駆使しない録音なのかなと感じれました。これも満足。
※レベッカなど昔のJ-POPでも満足

(ピアノソロ・バイオリンソナタ・四重奏曲等の室内楽)
これまでのシステムでは、白無垢な大理石の床、ほとんどがガラス張で冬の曇り空が見え、天井が高い超クールなホテルのロービーでの演奏を聴いているみたいでした。解像度もあり確かに全て聞こえます…みたいな。しかし、このスピーカーでは、暖炉があり木のぬくもりを売りにしているホテルのホールで聴いているかのようでした。室内楽が気持ちいい。これは最高。

(協奏曲)
ピアノ、バイオリン等のソロが存在感をもってくれるので、まずそれでOK。さらにユーミン同様にバックのシンフォニー感も優れているのでこれも満足。
   
サイズや傾向から一番危惧していた交響曲(CDを一番多く持っているジャンル)、冷たいホテルのロビーで聴く感じが交響曲は良かったので。結論からいくと、暖かい交響曲もいいな。

※今の視聴環境の小音再生下では、こちらの方がいいなになりました。


 2.小生の視聴環境にマッチ

家族が集うリビングでスピーカーまで1.5m、木造一戸建てで防音性低く、近隣よりも家族が大音量NG。これまでは、家族のOKする音量ではモヤッとして欲求不満でしたが、このスピーカーでは充分音楽を楽しめる。


 3.将来的にも価値下がらず

娘が独立等、10年来にはそれなりの視聴環境を手に入る見込みあり。その時は、大型スピーカーを組みたいと(おじの保持しているダイアトーンのDS20000受注生産モデルやBWの800シリーズ等の傾向、色気はないかもしれないが、圧倒的な描写で有無を言わせない音)。→その状況でもSH-EP7の価値は薄れない。

※ベンツを手にした時、クラウンやマークUは邪魔になるけど、ミニクーパーやオートバイは共存できる。そんな感じです。

(神奈川県 S様)

−−−−−−−−−−−−−−−−

まだ100時間にはなっていませんが、SH-EP7の感想です。

まず箱を開けた瞬間の香りが良くて、気分を盛り上げてくれました。

いきなり余談ですが、実はスピーカーを買い替える気など全くありませんでした。PMCのGB-1は非常に気に入っていましたから・・・しかしSH-EP7の内容にハッと思う物が ・・・吸音材0でした。

十数年前のことですが、近所に某オーディオアクセサリーメーカーの社長さんがいまして、その方が、吸音材は必要悪だとよく仰っていました。既存のスピーカーを吸音材0で鳴らすべく、試行錯誤なさっていました。完全ではありませんが聴かせて頂き、その鳴りっぷりに感銘を受けたことがありました。

セッティングして、音出しした瞬間に、今まで聴いた事のない響きの音色にビックリしました。低音に関しては、PMCは独自の低音再生のシステムがあるのでサブウーハー並みの低音が出ます。ですから最初から比べる気はありませんでした。ですが、このスピーカーがどういう低音表現をするのか、期待してしまいます。この独自の鳴り方と、レクストのスタンド。ベースになったマグネシウムのスタンドの能力が高く、更にレクストチューンを施してあるので、エージング後が楽しみでした。

本題です。
兎に角なんとも言えない芳醇で漆塗りのような艶を感じる音色?響きです。弦楽器の胴鳴りが重厚で色っぽい?です。木製の胴体の響きをこんなに感じるのは生でしか体感した事がないです。

トランペットやクラリネットの響きが艶めかしいというか、うっとり系ですね。ボーカルも同じくです。しかし響きといってもサラウンドの様な物ではないので表現に困ります。ピアノが凄いです。非常にパワフルで重厚なのに艶っぽいのです。

そして、エージングが進むと独自の低音が出てきました。弾くというか弾むというか、手応えのあるスピード感のある?・・・多分大して低音は出てないと思うのですが、エネルギッシュです。

意外だったのは映像との相性、最高ですこれ!モニターで観ても、プロジェクターで観ても、映像の世界から音が出ているとしか感じられないです。スピーカーの存在を感じさせません。(AVアンプに繋いでいます)

とても音場が広大です。その後オーケストラのCDを再生、やっぱり広い。

まだエージング途中ですが、すばらしいスピーカーだと思います。倍以上の価格のスピーカーを手放してしまいました。今まで聴いた事の無い音なので、どう書いていいのか難しいです。まだまだ熟成していくと思いますので、先が楽しみです。買って良かったです。

今現在も更に進化中です。スピーカーが踊りながら歌っている様なノリノリの状態になっています。十数年前の記憶が確かなら、吸音材ほぼ0のスピーカーは屈託の無い鳴り方をしていたと記憶します。設計段階から吸音材0を目指したSH-EP7はその上を行っていますし、更に音質がキチンとコントロールされているようです。

(兵庫県 F様)

−−−−−−−−−−−−−−−−

小音量でも音がやせず、音楽そのものに浸ることができるスピーカーです。
加えて、スピーカーボックスから解き放たれるような音のなり方が素晴らしい!
末永くつき合える機種に出会えた事を感謝しています。

(H・H様)

−−−−−−−−−−−−−−−−


 




  


メーカー直販価格[ペア] 120,000円(税・送料込)
 
    

 使用ユニット  17cm DDLinearウーファー
 2.5cm Dual Emissionツイーター
 形式  2ウェイ/エア・スリット式 (防磁タイプ*)
 再生周波数帯域  45Hz〜90kHz
 出力音圧レベル  91dB
 クロスオーバー周波数  8.7kHz
 インピーダンス  4Ω
 寸法・重量  202W x 280H x 200D mm ・ 約3.6kg

* ウーファー/ツイーターとも、漏洩磁束が極めて少ない特殊磁気回路構造のため防磁タイプです。
 ≫ページTOPへ

 ≫HOMEへ


       

©2012.REQST Inc. ALL RIGHTS RESERVED