メーカー直販価格[ペア] 409,500円(税抜 390,000円)

ハードメイプルとブラックウォールナットという最高クラスの天然木無垢材を使用したエンクロージャー。

MDF/パーティクルボード/合板は一切使用せず、集成材ではない天然木一枚板で構成しました。

最高級エンクロージャーがもたらしたのは、夢のような音楽再現です。

RQ-F7と音楽が出会ったとき、解き放たれた自然なサウンドが、より多くの感動を届けてくれます。


 


 


 
 
■ハードメイプルのフロントバッフル


炎型のフロントバッフルは、ギターやベースのボディに用いられるハードメイプル材を採用。レクストの制振制御技術からデザインされた特殊な曲線を、忠実に木工職人さんがハンドメイドで削り出し製作します。左右のハードメイプルは、同じ一枚板から切り出すことで、振動モードをマッチングさせています。

ハードメイプルのバッフルに固定されているのはウーファーユニットのみで、ツィーターはブラックウォールナットの第2バッフルに固定します。ウーファーとツィーターの振動干渉の縁を切ることで、振動のフィードバックで発生する音色の濁りを解消しました。

また、ブラックウォールナットの第2バッフルには、ウーファーの動作気流が妨げられぬよう考慮した開口加工が施されています。


  




 





■ブラックウォールナットのメイン・エンクロージャー

世界三大銘木のひとつ、最高級ブラック・ウォールナット無垢材でメインのエンクロージャーを構成。集成材や積層材ではなく、継ぎ目のない15mm厚一枚物の最高級材です。

入手困難と言われる、両耳付の最高級ブラックウォールナット材。約60mm厚のブラックウォールナットを三等分にスライス。そこからRQ-F7用の15mm厚一枚板が製材されます。ハードメイプル同様、左右のマッチングを完璧とするため、一枚のブラック・ウォールナット大板から切り出しています。

側面板は、内部構造材を兼ねているため、最大30mmの厚板を採用。


  


日本の工場で製材され、充分なシーズニング加工を施されたブラック・ウォールナット材は、一人の木工職人さんがスピーカーエンクロージャーへと加工しています。





   
両耳付の最高級ブラック・ウォールナット




 
■音楽に合わせて呼吸するエア・スリット構造

ウーファー後方に流れる背圧は、背面の細いエア・スリットから放出されます。段差のある側板内部構造と、ウール85%の吸音材を少量、そしてこの空気抵抗 の大きいエア・スリットの効果により、一般的なバスレフのようなダクト共鳴による増強に頼らず、鮮明な低音が得られます。

強い音のときはエアスリットが大きな抵抗となり密閉型に近づき、弱い音のときはエアスリットは空気を逃がすダクトへと変化。音楽に合わせて呼吸するエンクロージャーです。




 

■DDリニア・ウーファー採用

ユニットは、レクストプロ・モニター直系のシリーズを採用しました。

RQ-F7専用に独自のチューニングを施した、アルパイン製170mmDDリニア・ウーファーを採用。一般的なスピーカーの±3mmをはるかに超え、DDリニア・ウーファーは振幅±8mmが磁界の制御範囲。音量を上げていっても駆動力が落ちず、音楽信号に高速かつ正確に反応します。

有機天然ワニス仕上げの3層振動板や、ダブルギャザードエッジ、銅メッキ真鍮削り出しによるウェーブガイド/マグネットカバー など、非常に高性能なユニットを採用したRQ-F7は、一般的な2wayスピーカーと比べ、圧倒的ダイナミックレンジをもった音楽エネルギーの再生が可能です。


*DDLinearはアルパイン株式会社の登録商標で、許可を受けて使用しています。


 



【DDLinearウーファー入力電圧による周波数特性変化】

    

従来型ウーファーが入力の増加に伴い低域レベルが圧縮されているのに対し、DDLinearウーファーは大音量時でも周波数バランスが一定。




 
■ドーナツ型リング振動板&デュアルボイスコイル採用ツイーター
 (真鍮削り出しフレーム)


リング形状のダイヤフラム、異径の2基のボイスコイルを持つデュアル・エミッション・ツイーターは、信号入力時の応答に立ち上がり素早く追従。また、立ち下がりも急速な減衰で、余分な響きが乗らない優れた過度特性を誇ります。リング振動板は、理想的な球面波で音のエネルギーをより広く、遠くへ届けます。

ウェーブガイドやマグネットカバーなどの構造体には、高音質ながら加工が難しかった真鍮材をハンドメイド級の入念さで切削。さらに銅メッキで音質をチューニング。


■レゾナンス・コントロール・ネットワーク

コイルを使用しない独自のネットワークを採用。ウーファーには、コイルやコンデンサーなどのフィルターは入れていません。振動特性をコントロールすること で、クロスオーバー付近の特性を微調整。ウーファー・スルーにありがちな音質の暴れを解消しているため、ウーファーが配線上アンプと直結されるメリットが活きてきます。

ツィーターには、コンデンサーだけでローカットした後に、振動特性をチューニングしています。ネットワーク部品にコイルは無く、コンデンサーとアッテネート抵抗のみ。複雑なネットワーク回路を排除することにより、クロスオーバー付近の音質が自然で、ストレート感ある音楽再生が得られます。 




 
つねにベストパフォーマンスを発揮するセッティング・フリー設計

外部に漏れる振動を少なくし、設置による音質への影響を受けにくいよう設計。一般的なブックシェルフ型スピーカーに比べ、スピーカー・スタンドやインシュレーターなど、置き場所による音質変化は少なく、常に良質なパフォーマンスが得られます。




 
■専用の2層メッキYラグ/圧着スリーブ

すずメッキ剥離後の銅製Yラグに、1層目に銀メッキ、その後に金メッキと2層メッキを施し、音質をコントロール。
(写真左より、すずメッキ一般品、すずメッキ剥離後の銅、1層目銀メッキ、2層目金メッキ完成品)

内部配線としては極太のφ9.8mmキャブタイヤ・ケーブルを使用。銀メッキOFCケーブル“Z-SPC01Y”をベースに、RQ-F7専用のものを開発しました。

内部結線には半田を使用せず、Yラグ同様の金・銀2層メッキの圧着スリーブを採用しています。 




 
 


木工職人さんの手で丁寧に組み上げられた無垢エンクロージャー。そして上質なスピーカー・ユニット。それらの良さを最高に引き出すため、レクストでは1台 1台その音質を確認しながら手仕事でRQ-F7のアッセンブル作業を行っています。

天然木エンクロージャーであるがゆえに、音質にバラツキが出る可能性 があります。大量生産方式では左右チャンネルの音質差となって音楽に影響し、満足できるサウンドが得られません。レクスト独自の振動コントロール技術を活用し、手間と時間は必要ですが、楽器を生み出すような慎重さで音質を確認しながら丁寧に仕上げていきます。

特にユニットの取り付けは重要で、無垢材の強度を感じながら、手締めによる厳密なトルク調整を行っています。まさに楽器の調律を彷彿させる組み立て工程を経て、RQ-F7は完成します。

完成後には、1台1台厳密な試聴テストを行いますので、お客様に自信を持ってお届けすることができます。

無垢エンクロージャーや良質なスピーカー・ユニットを採用し、手間と時間のかかる手仕事のアッセンブルを行っていますが、販売価格はできるだけ抑えることを目標に開発しました。代理店を介さない木工職人さんからの直接仕入れ、そしてオーディオ販売店を通さずにメーカー直販製品とすること で、高品質な仕様とサウンドの無垢スピーカーでありながら、税抜きで40万円を切るという価格設定を実現しています。


≫ 【スピーカーRQ-F7】 レクスト・ダイレクトの販売ページへ


 



メーカー直販価格[ペア] 409,500円(税抜 390,000円)
    

 使用ユニット  170mm DDLinearウーファー
  30mm Dual Emissionツイーター
 形式 2ウェイ/エア・スリット式 (防磁タイプ*)
 再生周波数帯域  45Hz〜60kHz
 出力音圧レベル  86dB
 クロスオーバー周波数  8.7kHz
 インピーダンス  6Ω
 入力  Nominal 40w / Max 80w / Music 160w
 寸法・重量  230W x 356H x 200D mm ・ 6.2kg

* ウーファー/ツイーターとも、漏洩磁束が極めて少ない特殊磁気回路構造のため防磁タイプです。
 ≫ページTOPへ

 ≫HOMEへ


       

©2010.REQST Inc. ALL RIGHTS RESERVED