創業 & レゾナンス・チップ 20周年 記念製品 

 

 


レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad” 標準価格 [1枚入] : 9,000円 + 税


≫ レクストダイレクトで購入     ≫ Amazonで購入

≫ R-Padユーザー様のレビュー・口コミ






置くだけで “最高音質の制振” を実現!

革パッドに制振焼物を内蔵することにより、小型動吸振器を形成。置くだけで制振できる音質向上アイテムが実現しました。オーディオ機器やケーブルなどに設置すると、濃厚でパワフル、そして演奏者の感情表現を生々しく再現するグレードアップ効果が得られます。


  ≫ R-Padの最新情報は、レクストブログ “R-Pad”にて



R-Pad 発売記念キャンペーン!
レクストダイレクト限定、30日間返品・返金保証

レクストダイレクトでR-Padをご購入の場合に限り、30日間返品・返金保証対象で承ります。

じっくりとご自宅のシステムで30日間ご試聴していただき、万が一、効果が感じられなかった、音質向上にご満足いただけなかった場合は、代金を全額ご返金いたします。

※ 返品の際、製品本体に傷などないこと、返品時の送料はお客様にご負担いただくこと、代引購入の場合は代引手数料540円はご返金できないこと、この3つはご了承ください。

 ≫ レクストダイレクトで購入

NEWS !
オーディオのグレードアップだけでなく、ベーシスト櫻井哲夫氏のライブでも、R-Padの音質向上効果が高く評価されました!

櫻井: 「レクストさんのケーブル(※)は、高品質なだけではなく、その音楽的なチューニングがとても気に入っています。

ケーブルだけでも十分音質が良くなっている上に、魔法のカードも試させていただき、ありがとうございました。

置くだけで、確かに音質が濃密になり、良い感じになりましたね! 不思議です。。。 大切に使用させていただきます。」


※ 櫻井氏は、REQST/Z-LNC01W J3のSAKURAI Special ケーブルを使用中です。

ライブで使用されたR-Padは3枚。楽器(ベース)側から見て最上流となるコンプレッサーの上、PAへ送るダイレクトボックスの上、ベースアンプの天板の3か所にR-Padをリハーサルで試し、その好結果からライブ本番でもそのまま採用となりました。R-Padを使用することで、ベースの音が更に極太のワイドレンジへと音質向上。実際にライブ客席で聴くと、他の楽器と混ざったときベースサウンドの存在感が素晴らしく、音程感がいつもより更に伝わってくるのが印象的でした。

ts_3_161202.jpg





 【メルマガ先行予約販売のみで、出荷数670枚を突破!】
 
R-Padは、正式発表前にレクストダイレクトのメルマガで先行予約を行いました。当初、メルマガ予約で100枚ほどの販売を予定していたのですが、結果的には生産が追いつかないほどのご予約を頂戴しました。2016年7月から12月までの第14生産ロットで、合計670枚を先行出荷しております。当初予定しておりました2016年8月のR-Pad発売が、大幅に遅れましたことをお許しください。



 【わずか9グラムの物体を置いただけで、なぜ音が変わるのか?】

オーディオ機器に10グラム前後の物体を置いても、大きく音質が変化することは一般的に考えられません。ましてや、音質向上するのは不可能です。しかし、R-Padは特殊な構造により、最高音質への制振を可能にしました。

R-Padは“音質チューニング用動吸振器”です。高層ビルの風揺れ対策にも応用される“動吸振器”という振動制御技術を小型化し、音質変化アイテムへ対応させています。

図Aは動吸振器のモデル図です。制振対象(m1+k1)に対して、付加振動=動吸振器(m2+k2)を取り付けることで、制振対象と動吸振器の共振振動数が同調し、共振振動数付近で制振します。


図A: 動吸振器のモデル図

この動吸振器モデル図をR-Pad方式に書きかえてみました(図B)。m2がR-Padの制振焼物部で、k2がR-Padの革パッド部です。制振対象(m1+k1)はオーディオ機器や楽器、ルームチューニングならば壁となります。
 図B: R-Padの動吸振器のモデル図

音質を劣化させる要因が小さな振動ならば、動吸振器(m2+k2)も小型になります。例えば、引っ越したばかりの何も荷物の無いマンションの一室を想像してみてください。その部屋で大太鼓を叩けば、壁を手で触っても分かるくらいの低音の大きな振動が発生し音が響きます。では会話の響きはどうでしょう?これは壁を触る手の感触では判別できませんが、音としては確かに声の響きとして感じられます。部屋という大きな物体を例にしましたが、オーディオ機器で発生している音質変化を引き起こす不要振動は、更に小さなものと考えられます。手で触っても分からないくらいの微振動を制御するならば、動吸振器に大きな質量とバネは必要なく、逆に狙った振動モードで作用させるためには小さな動吸振器でなければなりません。これが小さな物体であるR-Padが、置くだけや接触するだけで音を変化させることのできる概念です。



 【革パッド、制振焼物ともに、日本国内生産】

革パッドは、日本の革職人さんおひとりに製作をお願いしております。制振性能の追及から、外周の糸と内周の糸に異なるものを使用するなど、細やかな製作指示ができるのは日本生産ならではです。

革パッド内部に挿入してある制振焼物は、2003年開発のレゾナンス・チップ・スノウから続く、永い年月をかけて得た振動コントロール技術のノウハウから誕生しました。焼物の裏表ともに釉薬面が音質制御的に必要なため、焼き上がってから焼物端部を割って完成させています。この制振焼物も日本生産だからできる、安定した品質です。



 【使い方】

制振したい物に対して、1枚のR-Padを使用します。革パッドの“REQST”ロゴがオモテ側になるよう、R-Padを制振したい機器などの上に乗せてください。R-Padは、革パッドの一部が触れているだけで制振効果を発揮するよう開発してあります。



 【音質変化傾向】

立体的で、分厚く、色の濃いサウンドへと音質向上します。R-Padは置いた直後から効果がありますが、最高音質に達するまでには少々時間が必要です。最低でもR-Padを置いてから1分、できれば15分くらい経った後にサウンドをチェックしてみてください。なお、R-Padを撤去すれば、その瞬間から元の音に戻ります。



 【使いこなしのヒント】

1. 基本編・・・機器の上に置く
最初にR-Padを試す機器は、オーディオシステムの最上流(CDプレーヤー、レコードプレーヤー、トランスポート、パソコン、デジタルプレーヤーなど)が基本です。置く場所は機器天板の中央付近が推奨ですが、厳密でなくとも構いません。天板の端でも、R-Padは問題なく効果を発揮します。

R-Padの数量を増やして様々な機器に置くことで、更なるグレードアップが可能です。DAコンバーターやアンプ、スピーカーなど、R-Padの数量をシステムの上流から順番に増やしていけば、足し算ではなく掛け算で高音質化していきます。 




携帯プレーヤーやスマホにもR-Padは有効です。写真のように、R-Padを機器の上に乗せてください。

移動中のカバンなどでR-Padが縦になる場合、音質改善効果は弱まりますが使用可能です。R-Padと機器が重なるようにポケットやカバンの中に入れてお試しください。



2. 応用編その1・・・電源系チューニング

R-Padは電源系の音質向上に有効です。電源の上流よりR-Padを置き、音質を改善します。R-Padの電源系への効果は絶大で、例えるなら水道の蛇口を全開にしたような感じです。フォルテシモはよりパワフルに、ピアニシモは繊細ながらも感情表現を強く再現できるよう音質向上します。

@ 電源ブレーカーボックスの上

家庭電源の最上流と考えられる、電源ブレーカーボックスの上にR-Padを置きます。電源ブレーカーボックスにR-Padを置くほどの厚みがない場合、R-Padを立てかけるような設置方法でも効果がありますのでお試しください。



A 壁コンセントの電源プラグの上

壁コンセントの電源プラグの上にR-Padを置きます。その場合、写真のようにR-Padを裏返して置くのを推奨します。細やかな制振モードを検討した結果からの使用方法ですので、普通にオモテ面で置いても問題ありません。


B 機器電源ジャックに立てかける
機器側の電源ケーブルジャックにR-Padを立てかけるよう、R-Padを設置します。?




3. 応用編その2・・・床 & 天井チューニング

R-Padはルームチューニングにも有効です。特に従来は音質コントロールが困難であった床と天井に絶大な効果を発揮します。

まず、R-Padを床に置いてみてください。置く場所は、センター音像とリスニング位置との、およそ真ん中くらい。左の写真のように、床の丸印の位置です。絨毯やフローリング、畳など、床の材質に関係なくR-Padは効果を発揮します。

天井へのR-Padも床と同様に、センター音像とリスニング位置との真ん中に設置します。写真のように照明などがある場合は、R-Padの位置をずらしても音質向上可能です。効果的には天井の材質は不問ですが、コンクリート天井などの硬い素材ですとR-Padの固定が難しくなります。

R-Padが2枚あれば天井と床の両方への対策が完成し、360°全天周囲モニターのような音像が出現します。天井と床からの音の影響が減少することからの、宇宙空間でリスニングするような快感です。





 【R-Pad 比較試聴動画リンク集】

ブログにて、ネット動画を利用したR-Padの比較試聴動画を公開しております。

≫新製品レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の比較試聴動画

 
 ↑ ビフォー: R-Pad無しのパフォーマンス ↑ アフター: R-Padをトランスポートの天板に
 
≫メルマガで発表、R-Padの新ポイント!

≫R-Padの新ポイントの比較試聴動画 “電源ブレーカーボックスの上”編

≫R-Padの新活用法、比較試聴動画公開!

≫R-Padの新活用法、比較試聴動画その2 公開!

 
 ↑ ビフォー: R-Padのルームチューニング無し ↑ アフター: R-Padを天井と床に設置
 
≫R-Padの新活用法“電源ケーブル編”、比較試聴動画を公開!

≫R-Pad、新ポイント電源タップ、比較試聴動画を先行公開!





製品名: レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”

型番: R-Pad

標準価格 [1枚入]: 9,000円 + 税

材質: 本革 + 制振焼物

革パッド色: 濃紺

寸法:
 約 6.8mm×6.8mm
 厚み 約 6mm(革+焼物部)、約 2.5mm(革部)
 重さ 約 9グラム

日本製

発売日: 2016年12月22日より出荷開始


≫ページTOPへ

≫HOME 



©2017.REQST Inc. ALL RIGHTS RESERVED