標準価格: 294,000円 (税別280,000円)

限定数40台を完売しました。(2007年1月)
 



 



CDソフトの再生音と、実際のスタジオでの44.1kHz/16bitマスターの音質差から、『CD再生の問題点』を発見することにより確立した、レクスト独自の新技術“NS441D”。
NS441D技術の搭載を前提として誕生したD/Aコンバーターが、DAC-NS1Mです。

現在ご使用のCDプレーヤーに、DAC-NS1Mを追加すれば、44.1kHz/16bitマスターに肉薄するCDソフト再生が可能になります。


※DAC-NS1Mは、生産完了のマルチビット・タイプDAC ICを使用しているため、生産数40台の限定製品です。(初回ロット2006年11月/第2ロット2006年12月/最終ロット2007年1月出荷







【 特長 】

マルチビットDACとNS441D技術の融合により、CDソフトの大幅な音質改善を実現しました。

入力は、COAXIAL同軸入力×1、OPTICAL光入力×1。出力は、RCAアンバランス出力×1。電源ケーブルは着脱可能です。サンプリング周波数は、44.1kHz/48kHzのみ対応。


■基板下全面を3mm厚銅板で補強することにより、磁気ひずみを低減。
■アナログ回路は、I−V変換回路とローパス・フィルターのみのシンプルな回路。
■マルチビット・タイプのDACを各チャンネル2個ずつ搭載。微少信号時を超低ノイズで再現。
■電磁ノイズの少ないトロイダル・トランスと大容量電解コンデンサを使用。










TWIN NSとは、NS441D施工プレーヤーとDAC-NS1Mとのコンビネーションによる、更なるCDソフトの音質改善技術。TWIN NSは、レクストオリジナル機であるDAC-NS1Mのみ搭載可能な新機能です。

そのサウンドは、“マスターに肉薄する”のではなく、まさに“44.1kマスター音源そのもの”。
生演奏をモニタリングしているような音楽再現が、CDソフトから得られます。聴きなれた全てのCDソフトが、新たな感動とともに究極の到達点へ。CD史上最高の音楽再現をお約束します。

 ※TWIN NSを実現するためには、NS441D施工プレーヤーが別途必要です。







 

【 スペック 】

 全高調波歪率+雑音   0.0035%以下@24bit入力、@997Hz、0dBFS
 周波数特性  10Hz〜20kHz +0.1、−0.5dB以内
 セパレーション  95dB以上@10Hz〜20kHz
 リニアリティー  100dB以上(+3dB、−3dB)
 信号対雑音比  113dB以上@A-weighting
 ダイナミックレンジ  103dB以上@997Hz
 デジタル-アナログ間遅延  1.9msec
 入力フォーマット  S/PDIF 200mV〜2V(RCA 同軸75Ω)/ Optical
 入力ビット長  16〜24bit
 DAC分解能  18bit
 入力サンプリングレート  44.1kHz、48kHz
 出力レベル  2V rms
 寸法  400(W)×65(H)×210(D)mm
 質量  4kg
 電源  AC100V 50/60Hz
 消費電力  10W
 付属品  電源ケーブル REQST/Z-PRC01(1.8m)
 ※デジタル・ケーブル、アナログRCAケーブルは付属しておりません。
















≫ページTOPへ
 
≫HOMEへ


       

©2006.REQST Inc. ALL RIGHTS RESERVED