本日、メルマガを発行しました!

本日はメルマガを発行しました。

メルマガ連載 『いい音ってなんだろう?』のテーマは、「音質向上ってなんだろう?」です。

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

DACのバージョンアップ作業中

本日は、DACバージョンアップ作業。この2台が完成すれば、NS2017バージョンアップも一旦終了です。

dac_170511.jpg

明日の完成試聴が楽しみ〜。

おっ、写真にスピーカースタンドのR-Padが写っていますね。これ、マジで凄いですよ!

レゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”のご感想 その24

お客様よりレゾナンス・パッド・スタビライザー “R-Pad”の追加注文の際、合わせてご感想が届きました! 「素晴らしきレクストユーザー仲間の皆様のお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことは有りません。」と、転載の快諾をいただきました。 ありがとうございます!

※R-Padのレビュー・口コミをまとめたページです。ぜひご一読ください!
≫R-Padのレビュー・口コミ

−−−−−−−−−−−−−

既にR-Padは9枚ほど入れており、その比類ない効果(本当にこれは、機器やケーブルその他のインシュレーターなどでは取り換えの効かない、位相整合をもたらす唯一の魔法アクセサリーですね)に感激しており、更に3枚欲しいと思っています。

最近、私は以前にも増して生のコンサートホールへ出かける機会が多いのですが、R-Pad効果で整えた位相による音場空間再現(創造?)は、ライブ以上の音楽的感動をもたらしてくれるような気がしてなりません。

加えて、R-Pad電源系への立てかけ設置によって、残留ノイズに代表される静的なS/N向上だけでなく、楽音に伴って発生する動的なS/N向上も著しく、漆黒の背景に屹立する楽器や声には、何度でも飽きずに感動させていただいています。

因みに現在の我が家のR-Pad設置状況は、、

・床と天井に各1枚、分電盤内のメインブレーカーのスイッチとオーディオ部屋用の子分岐ブレーカーのスイッチに各1枚立てかけ(反則ですので自己責任でやっております)

・2台使用している中村製作所製ノイズカットトランスへ給電している壁コンセントプラグに1枚(2台分のコンセントプラグが水平に並んでいるので、1枚のR-Padを水平置きで2つのプラグにかかるように設置)

・同2台のノイズカットトランスからCDトランスポート、DAC、クロックジェネレータ、Real Sound Apeq-2Proイコライザー、プリメインアンプへ供給している電源ケーブルの出口に、合計で3枚立てかけ(機器へ繋がる給電用電源ケーブルが混んでいるので、空いているスペースが3枚分しか無かったのです)

・更にCDトランスポートの電源入力コンセントにこれも立てかけ

といった使い方です。

我が家では、何故か機器天板へ乗せることよりも、電源入出力プラグと機器本体をブリッジする形で立てかけることで、より良い効果を発揮するような気がしてなりません。電源プラグと機器本体両方にR-Padが接触することで、機械的な振動をアースしているようにも感じます。

とは言え、更なる追加分はオーソドックスにCDトランスポート、DAC、Real Sound Apeq-2Proイコライザーの天板に、平置きで乗せて仕上げとしたいと考えています。

今後、もしかしたらレクストブログで有名な、分電BOX上部への平置きもやってみたくなるかも知れませんが、それは後のお楽しみにとっておきます。(未設置個所としては、クロックジェネレータ天板やラック天板もありますので、これも後日です)

本当に各種のレゾナンスチップ以来、歴代のレクスト製品では毎度のこととも言えるのですが、分けても今回のR-Padは少なくとも我が家の環境においてはレクスト史上最高峰の出来栄えであると思います。

(神奈川県 T様)


−−−−−−−−−−−−−

確かに、ラックの新ポイントでもそうでしたが、R-Padは2か所にまたがるように設置すると、大きな相乗効果を生むように感じます。「電源プラグと機器本体両方にR-Padが接触することで、機械的な振動をアースしている」というのは、なかなか核心なのかもしれません。

ということは、最初の1枚なら、天板平置きよりも電源プラグ立てかけのほうが良いのかも? 今度、チェックしてみますね。もちろん、両方に置くのが最高ですよ〜。

電BOX上部への平置きは、超オススメです。これがまだお楽しみでとってあるとは! 私なら我慢できないかも(笑)。

R-Padの面白さは、まずは最初の1枚からでも堪能できます。そして、R-Padは簡単に置いたり外したりして、いろいろなポイントを試せるのも最大の特長。ぜひ挑戦してみてください!


≫レクストダイレクトR-Pad販売ページへ(返品・返金保証キャンペーン中!)

↓ AmazonのR-Pad販売ページへ(Amaoznプライムで即納!)

また音楽の日々へ

GW休暇明け、いただいたメールには順番にお返事しておりますので、もう少々お待ちくださいね。

今日は、ゆっくり音が聴けなかったのが残念。スピーカースタンドやラックなど、新しいR-Padのポイントが劇的すぎて、まだ私も慣れないくらいの驚きが続いています。いろいろな音楽をR-Pad新ポイントで聴いて、今日は感激したかったのにな〜。

また明日からしっかりオーディオを楽しみたいと思っています。新電源ケーブルの生産も進んでいますよ!

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1705)

Link

Search

Counter

5287817