DAC-NS1S Signature製作中

本日は、DAコンバーターDAC-NS1S Signatureのチューニング中。先日の東京出張で、レクスト青山のサウンドに驚かれたお客様が、衝動買いされた1台です。作業は順調に進んでおり、明日には完成できる予定です。チューニングに入る前に、内部写真を撮ってみました。

ns1s_130530.jpg

DAC-NS1S Signatureの工場在庫は残り4台。これが無くなると、しばらく欠品になってしまいます。なんとか継続再生産したいと考えています。

今回ご購入のお客様も、一番心配されていたのは「DACを買ってすぐに新製品が出たりしないですよね?」というところ。それほど、今のDAC市場はたくさんの新型が次々と開発されています。私は自信を持ってお答えしました。「レクストはDAC-NS1Sを作り続けることに、全力で取り組んでいます!」と。

USB端子やDSDネイティブ再生、32bitなど、新しいDACの売り文句が増えてきました。レクストでは、全く興味のないポイントです。なぜなら、DAC-NS1S Signatureの音楽再現能力ならば、44.1kHz/16bitデータの再生で、それらを遥かに超えているからです。音楽資産であるCDソフトを良い音で鳴らすことと、音楽制作現場の96kHzや192kHzデータを完璧に再現することが、レクストのDAコンバーターに求められる性能でしょう。見せかけのカタログ仕様は不要の、音で勝負するDAコンバーターなのですから。

DAC-NS1S Signatureのコアとなるパーツは、少しずつですが生産完了となったものも出始めました。もちろん、長く作り続けられるよう、かなりの数量を確保しております。しかし、それは有限です。いつかはDAC-NS1S Signatureを製作できなくなる日が来るでしょう。そのときは、DAコンバーター開発を止めると思います。これほどの豪華仕様のDAコンバーターは、もう世には出てこないでしょう。DAC-NS1S Signatureを作り続けることが、レクストの使命と考えております。

ホームページの写真を少し変更してみました。解説を含め作り直したいところですが、少しずつ時間を見つけて取り掛かろうと思っています。

 ≫DAC-NS1S Signatureのページへ
2013/05/30(Thu) 17:43:11 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2161)

Link

Search