ステレオ誌6月号、執筆ウラ話

先日発売されましたステレオ誌2013年6月号で、特集『スピーカーセッティングの盲点を突く!〜スピーカーが消えるセッティング術〜』を執筆しました。10ページの新作書下ろしです。ご覧いただけましたでしょうか。

stereo_130521.jpg

私の個人的なモヤモヤなのですが、最近のオーディオ誌を読んでも、なんだかワクワクしなくなりました。以前は、とんでもないアイデアのオーディオアクセサリー登場に驚いたり、思いもつかなかった音質向上テクニックが発見されたりと、毎月のオーディオ誌発売が楽しみだったものです。それが、最近はレビュー記事中心で、そのレビューもお決まりの展開ばかり。カタログデータを羅列し、試聴結果は良好、結びのセリフは「コストパフォーマンスが良い」といった感じです。こんなフォーマット通りのレビューなら、コンピューターの自動筆記でもやれそうに思います。

私は、もっとオーディオ界を面白くしたいと願っています。オーディオ関連著書を3冊立て続けに執筆したのもそのためです。そして、いよいよオーディオ誌から執筆オファーが来ました。ここはアッと驚く記事を書き、オーディオ誌にも一石を投じたいところです。

アイデアは徹底的に練りました。考えたのは、私がステレオ誌読者だったころ大好きだった“読者訪問クリニック”の復刻。単なるリメイクでは面白くないので、セッティング・テクニックのトレーニングというアイデアを考えました。

著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』で解説した内容そのままではありません。ステレオ誌読者さんならば、一からスピーカーセッティングするのは面倒なはず。ある程度、自分の好みも含めスピーカーが設置されていると想定しました。そこに、レーザー墨出し器を使用した精度の高いスピーカーセッティング技術を投入し、驚きの音質向上を行うという流れです。スピーカーセッティングの基本形でありながら、効果絶大のテクニック。現状のスピーカー位置を数ミリ程度動かすだけの、超簡単音質改善が実現します。

そして、あえて今回の記事ではレクスト製品の使用を封印しました。ここでレクスト製品を投入すれば大幅音質向上は簡単ですが、宣伝記事と間違われては困ります。宣伝ゼロの、テクニックだけの音質改善に挑みました。

当初はレクスト青山での取材を考えていたのですが、運良くステレオ誌編集部のお一人から、お宅訪問のOKが出ました。ホームグラウンドのレクスト試聴室ではなく、お宅訪問というアウェイでのぶっつけ本番こそ、スリリングな記事に繋がり、読者の皆様にも楽しんでいただけることでしょう。

今回のもうひとつのポイントは、私がセッティング調整を行うのではなく、システムのオーナー自身にテクニックを授け、自分で良い音を出すという流れです。私がセッティングすれば音質向上するのは簡単ですが、「凄いですね」の一言で終わってしまう可能性が高いのではないでしょうか。それに、掃除やシステム変更で簡単に良い音は逃げてしまいます。自分でスピーカーセッティングの免許皆伝となれば、精度はいつでも取り戻すことができます。

更にアイデアは尽きません。このブログで行っているネット動画による比較試聴。これをオーディオ誌でも投入してみようと考えました。この比較試聴動画のポイントは、ネット動画の音質や、個人のパソコンオーディオ環境の良否を問うものではありません。確かにスマートフォンやノートパソコンのスピーカー再生では、違いを聴くのは困難でしょう。しかし、ビフォーアフター動画で異なるのは、セッティングの精度のみ。他の環境を固定し、比較することに意義があるのです。

このブログでもの比較試聴動画を掲載しておきます。まずは、ビフォー状態です。


いつものレクスト試聴ルームのパフォーマンスを聴き慣れていると、「なんだか音が硬いかな?」と思われるかもしれません。それで正解です。実際のビフォー状態は、とっても硬いサウンドでした。

次に精度の高いスピーカーセッティングを行い、記事にある音質向上テクニックを投入して実現したサウンドです。


いかがでしょう?テクニック学習の成果がネット動画でも実感していただけるでしょうか?実際に、大いに驚いていただけるサウンドが実現しました。

私としては、このセッティング・クリニックのシリーズ化をステレオ編集部にお願いしているほど、入魂の記事になっております。ぜひ、ご一読ください。そして、セッティング・クリニックのご感想やオファーをステレオ誌編集部宛にぜひ!
2013/05/21(Tue) 16:54:03 | 著書

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1795)

Link

Search