2/29はフライデーイベント

明日2月29日(金)は、フライデーイベントです。
 
時間は18:00〜20:00、場所はレクスト・イベントルーム。
地図はこちら。
http://www.reqst.com/map.html

今日は、普通のCDプレーヤーとNS441D化プレーヤー、DAC-NS1Sを時間をかけて試聴しました。その差に改めて驚いた次第です。

まず、普通のCDプレーヤーですが、ある種コンプレッサーがかかったような音です。オーディオ好きの方はコンプレッサーやイコライザーを嫌うのに、CDサウンドは平気ですか?私は、とても耐えられません。コンプレッサーを効かせるということは、音圧が上昇し見かけの迫力が増すというメリットはあるものの、音楽が平面的になり抑揚感が無くなります。

NS441D化プレーヤーは、見事にCDの壁が取り払われます。コンプレッサーをオフにしたように、音楽がダイナミクスをもって再現されます。ここで満足されているお客様が多いのも、大いに納得できるサウンドです。

DAC-NS1Sの音楽は、別の世界観と言えるかもしれません。一聴するとNS441D化プレーヤーと似ているのですが、音楽のグルーヴ感が違います。リズムに良い意味での“揺れ”が蘇ると言いましょうか。結果、演奏者が目の前で弾いてくれているような錯覚さえあります。NS441D化プレーヤーをお持ちの方は、普通のCDプレーヤーとは格の違う素晴らしいデジタル出力が出ているのですから、ぜひ一度DAC-NS1Sの世界を体験していただきたいものです。

明日は、NS441D化プレーヤーとDAC-NS1Sのコンビネーションを研究します。どのくらいのグレードアップが可能なのか、ぜひ皆さんと一緒に聴いてみたいと思っています。

また、レクスト試聴ルームのスピーカーDW-S1を一新しました。カラーがW/RからG/Oに変更です。今までのDW-S1は初期の試作品でしたので、最新のS1のサウンドを聴いてみてください。エージング時間は200時間程度で、本領を発揮し始めたという感じです。

最近のDAC-NS1Sは、初期チューニングのような優しいだけのサウンドではありません。どちらかというと、低音に魅力のあるパワフル系です。新しいDW-S1とともに、低音ソフトをいろいろ用意して楽しんでいただこうと思います。

予約不要・入場無料ですので、お気軽にご参加ください。楽しみにお待ちしております。

※『連載オーディオ入門』というページを始めました。
http://www.reqst.com/audio.html
できるだけ毎日更新していますので、本日で早くも第3話。ぜひご一読ください。よろしくお願いします。

2008/02/28(Thu) 18:20:51 | イベント関連

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search