ケーブル・ブレスレット2012のご感想 12

著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』でレコーディングとミックスをお願いしたエンジニアの加藤明さんより、ケーブル・ブレスレット2012のご感想を頂戴しました。昨年末にいただいていたレビューだったのですが、イベントや年末年始でご紹介が遅くなり、申し訳ございません。プロのエンジニアさんが聴く、ケーブル・ブレスレット2012の効果です。ご検討いただいている方の、背中を大きく押してくれるレビューではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

実は初代のケーブルブレスレットは、数量限定の為入手できませんでした。ですので、ちょっとひがみ?もあったのですが、復活して一安心です。

今回試してみたのは、自宅スタジオの音声編集作業で使っている、DAW用WinPCの電源ケーブル「Z-PRC01」です。(西野さんの著書にも載っている部屋です)

最初はオーディオI/Oの電源か、ワードクロックの電源かと悩みましたが、皆さんとなるべく近い所からと思って、PCの電源を選びました。

このスタジオは日中、太陽光発電で稼動しますが、試聴はあえて、夜間の完全に商用電源に切り替わった時間帯を選びました。実は私も最近、この商用電源の音質劣化が気になりだしています。周辺の電源環境の悪化なのか不明ですが、これも皆さんと近い条件でしょう。

試聴には、西野さんの著書付属の低音CDのマスター音源等、全てDAW用PCのHDDに入っている音源データーを使用しました。商用電源時間帯ですので、ブレスレット装着前は、マスター音源ながらも、いまいち躍動感や、音楽の生命感がさびしい感があり、音像も平面的です。太陽光発電での稼動時とは、かけ離れた感じがいなめません。

こんな状況で、どれだけ変わるのか不安でしたが、早速電源ケーブルにケーブルブレスレットを装着して、待つ事しばし。

結果は…
なんと!それらの音楽的な問題が非常に綺麗に復元されています。

太陽光の音質までは届きませんが、明らかにその方向に近づいています。あえて、何故「復元」という表現かといえば、そこに何の誇張も装飾も補正も無い。本来の純粋無垢な音楽本来の質感に戻している…そんな感じでしょうか。綺麗に見せる化粧を落として素顔の自然な美しさが蘇る…そんなイメージでしょうか。

こんな簡単な構造で、しかもPCの電源ケーブルで…。私が苦労して歩んできた道のりを、大きく短縮してしまう勢いですね。

オーディオI/Oや、ワードクロックの電源ならどうなるのかと興味がありますが、仕事の流れ上、変化に敏感な部分もありますので、「いつでも簡単に外して他のところに試せる」、このアイテムの特徴を活かして、ゆっくりその効果を楽しんでいきたいと思います。

(太陽倶楽部レコーディングス・加藤明 様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−

加藤さんが試されたのは、たった1個のケーブル・ブレスレット2012です。それだけでこの効果ですから、システムの全てがレクスト・ケーブル&ケーブル・ブレスレットになれば、果たしてどのような音質改善が得られるか、想像するだけでワクワクしてきます。

音楽制作の現場では、ケーブルを統一したり、ケーブル・ブレスレットを巻いたりするのは、なかなか大変かもしれません。オーディオのシステムならば、ラインケーブルと、スピーカーケーブル、電源ケーブルと、その数も多くはありません。ぜひ、ケーブル・ブレスレットに挑戦してみてください!

 ≫ケーブル・ブレスレット2012の販売ページへ
2013/01/16(Wed) 16:54:26 | ケーブル・ブレスレット

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2166)

Link

Search