イベントでのケーブル・ブレスレット2012

12月15日に開催したイベント『e-onkyo musicハイレゾ音源を、レクスト新型天然木スピーカーで聴く!』では、時間の都合上少なかったですが、ひとつだけオーディオアクセサリーのビフォーアフター比較を行いました。ケーブル・ブレスレット2012です。

14時の回も、16時の回も、イベントのスタート時はケーブル・ブレスレット2012無しで聴き始めました。数曲聴いたくらいでお客様が部屋の広さやシステムの音に慣れたころで、ケーブル・ブレスレット2012を装着し、比較試聴するという流れです。

16時の回には、オーディオライターの鈴木裕さんが参加されていました。鈴木さんも、ケーブル・ブレスレット2012は初体験。ここは鈴木さんにも大いに驚いていただこうと、試聴曲を鈴木さんの本『iPodではじめる快感オーディオ術』に収録のハイレゾ音源としてみました。

まずはケーブル・ブレスレット2012無しの音を、参加者全員で聴きます。次に、ケーブル・ブレスレット2012をレクスト・ケーブルに巻きつけます。ケーブル・ブレスレット2012は、装着してすぐよりは、1分くらい経過したほうが音質が安定する傾向です。その間、鈴木さんに音源の解説をお願いしました。

event_121215_5.jpg

そして、ケーブル・ブレスレット2012装着後の試聴。鈴木裕さんが「まいりました!」というくらいの音質向上。会場全体が「信じられない・・・」という驚きと困惑の表情になるのは、なんとも興味深い光景でした。

イベント14時の回では「最初は7割くらいの力でパフォーマンスします」と解説していたのですが、実際に聴いてみるとケーブル・ブレスレット2012装着前は“5割くらいのパフォーマンス”としか思えません。そこで、イベント16時の回では「最初は5割くらいの力でパフォーマンスします」と宣言したのでした。

ケーブル・ブレスレット2012の導入で、本当に倍くらい音質向上するのか?比率は、あくまで感覚なのですが、参加者の皆さんの中で、異論はなかったと思います。私もリハ無しですから、ビックリするくらい音質向上したのを全員で体感しました。

イベントでケーブル・ブレスレット2012を装着したのは、電源タップの電源ケーブルZ-PRC01、プレーヤー+アンプのCR-N755の電源ケーブルZ-PRC01、スピーカーケーブルZ-SPC01の左右ch。以上、合計たった4個のケーブル・ブレスレット2012が、「倍くらい音が良くなったのでは」と感じるくらいの音質向上をもたらしたのでした。

event_121215_6.jpg

ケーブル・ブレスレット2012は、単なるオーディオアクセサリーという感じと少し違うのかもしれません。レクスト・ケーブルに必須である、もうひとつの重要構成パーツのような印象です。レクスト・ケーブルをお使いならば、間違いなく導入すべきです。「倍くらい音が良くなる」を、ご自宅でも体験してみたくありませんか?

他のケーブルをお使いならば、レクスト・ケーブルとセットで、ぜひケーブル・ブレスレット2012を導入してみてください。もはやケーブル戦争は終了です。圧倒的サウンドを、レクスト・ケーブルは手に入れたのですから、もう迷う必要はありません。

↓ケーブル・ブレスレット2012の販売ページへ


イベントで初披露しました、スピーカーSH-SP7の詳細ページが完成しました。内部構造を含め、細かく解説しています。ぜひご覧ください。

↓スピーカーSH-EP7詳細ページへ
2012/12/21(Fri) 18:26:22 | ケーブル・ブレスレット

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2086)

Link

Search