スタジオチューンのビフォーアフター動画

昨日は、サウンドデザイナー誌の取材でした。今回のミッションは、DJ katchin'さんの完成したばかりのプライベートスタジオで、ルームチューニングとスピーカーセッティングを行うというもの。こういったオファーは、今まで数々のスタジオで高音質化に打率10割で成功してきていますので、レクストの得意とするところです。

katchin'さんからのご要望は、下記の通り。

1. ステレオ感を増やしたい。音の広がりを増やしたい。
2. 定位を正確にしたい。音の奥行きも出したい。
3. 階下への低音の漏れを減らしたい。

1と2は、ルームチューニングとスピーカーセッティングが上手くいっていないときの典型的な症状です。問題なく解決できると判断しました。3は少々難しい課題ですが、スピーカースタンドを正確に設置することで、若干の改善が期待できます。あとは、音が良くなれば、自然にボリューム位置は下がる傾向になるでしょう。音のロスが少なくなることで、音量を上げなくても迫力が得られるためです。

実際の作業内容は、サウンドデザイナー誌に詳しく掲載されると思います。katchin'さんのブログにも、たくさんの写真を使ったレポートを掲載していただきました。ありがとうございます。

katchin'さんの許可をいただき、スタジオチューンのビフォーアフター動画を収録してきました。まずは作業開始前に収録した、ビフォー動画です。



続いて、ルームチューニングとスピーカーセッティングを行い完成したアフター動画です。



ビフォー動画では、katchin'さんが悩まれていたように、音像が広がらない様子がネット動画からも確認できます。これは、部屋の響きに音が圧迫されているためですので、レゾナンス・チップRTで簡単に解決できました。

アフター動画を見てから、もう一度ビフォー動画を確認してみてください。ビフォー動画では、音のフォーカスが甘いのが聞き取れます。そこから再びアフター動画の音を聴くと、ピシッと音のピントが合っているのが分かると思いますがいかがでしょう?

実際の聴きどころとしましては、両方の動画で1:10〜を比較してみてください。ビフォー動画ではベースラインが聞き取りにくいですが、アフター動画ではエレキバイオリンとベースのハーモニーが聴こえてきます。また1:45〜のベースラインは、アフター動画のサウンドに良さが光ります。

手持ちの機器を買い換えることなく、ルームチューニングとスピーカーセッティングで潜在能力を引き出すことで、まだまだ音は良くなります。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。分からないことがあれば、お問い合わせください。応援しますので!
2012/03/07(Wed) 16:47:20 | ルームチューニング

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search