大音量再生の快感

本日の作業は、スピーカーDW-S1の完成試聴でした。

dws1_0220.jpg

このDW-S1は、某大手メーカーの開発室に納品されます。大きく宣伝できないのですが、実はレクストのスピーカーやケーブルは、多くのメーカー開発室でリファレンス機として活躍しています。開発室が自社メーカーのスピーカーを使わないで、レクスト製を採用しているというのは、やはり問題が大きく内緒なんです(笑)。

スピーカー、アンプ、スタンド、ケーブルなど、一式で納品しますので、本日は総合試聴テスト。新チューニング・アンプsa4.0+REQSTとスピーカーDW-S1のコンビネーションは、本当に素晴らしいです!

小さなボリュームで音質が良いのはレクスト機器の特長ですが、メーカー開発室分ということもあり大音量再生試聴も行いました。アンプ、スピーカーともに限界知らず。私の耳と勇気が先に限界に達し、ボリュームを下げてしまったほどです(笑)。録音スタジオのラージモニターもビックリの、超大音量パフォーマンスでした。

大音量再生は、気持ちイイですね!でも、軽井沢でこんな大きな音で聴いていたら、間違いなく役場に通報されます(笑)。長時間の試聴はムリです。しかし、いつでもアクセルを踏み込んだら加速できる安心感は、小音量や通常音量でのリスニングでも快感に繋がるもの。ですので、レクストのスピーカーは大音量でも破綻しない設計を心掛けています。ちょっとしたこだわりなんです。
2012/02/20(Mon) 16:35:59 | スピーカー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2132)

Link

Search