新トランスポート/プレーヤー情報 その8

新トランスポート/プレーヤーDN-F650R+NS441DとDAC-NS1Sのコンビネーションは、今までの音楽再現の概念が変わるほど、衝撃的です。聴くソフト全てに、新たな感動、驚きの発見があります。早く次のソフトを聴いてみたい・・・そんな幸せな毎日です。

dac+dn.jpg

季節的に、『BIG WAVE/山下達郎』を聴いてみました。レコードはもちろん、初版のCDを所有しています。楽曲は大好きなのですが、どの規格でもクリアでない音質がちょっぴり不満だった1枚です。

それがどうでしょう(笑)。DN-F650R+NS441DとDAC-NS1Sのコンビネーションで聴く『BIG WAVE』は、ベールが剥れたどころの騒ぎではありません。1984年の空が、海が、波が、輝きながら目の前に広がっていくように爽快です。長年、このサウンドで聴きたかったのです。夢見てきたのです!

リマスターでは、残念ながらこのような変化は得られないと思います。各自の心に、思い出の『BIG WAVE』があるからです。最新技術を用いたとしても、音を触れば必ず違和感が出るもの。音楽的に高みへ進んだとしても、ある人には思い出と離れてしまう結果になりかねません。

今回のDN-F650R+NS441DとDAC-NS1Sのコンビネーションでは、音楽再現に磨きがかかった結果です。今まで再現できていなかったものが見えるようになったのですから、思い出そのままに高音質化することに成功しています。音楽愛好家にとって、なんと素晴らしい出来事でしょうか。

このところ、CDトランスポートに灯を入れることは、ほとんど無くなってしまいました。もう戻れそうにありません。

リスニングオーディオ攻略本

・・・トラック5のバイオリンとピアノのデュオは、突然始まった即興演奏の録音に成功したものをそのまま収録しています。マイクセッティングはベストでなかったかもしれませんが、逆に臨場感が抜群です。

音の名匠が愛するとっておきの名盤たち
・・・オーディオチェックは、好きなソフトだけでなく、別の視点からのソフトも加えるとベストです。本書でご紹介している名盤たちは、全て私が実際に聴きなおしておりますので、オーディオ的にもお薦めできるものばかりです。

≫ プライベートブログ『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/08/26(Fri) 18:19:58 | トランスポート

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2131)

Link

Search