新トランスポート/プレーヤー情報 その6

新トランスポート/プレーヤーDN-F650R+NS441Dの初回ロッドが完成しました。順次、ご予約いただいているお客様へ発送いたします。到着まで、もう少々お待ちください。

f650ns_0706.jpg

完成試聴の結果は、本当に素晴らしかったです。こんな薄くて軽い機器から、圧倒的な厚みのある大迫力の音楽が楽しめるのですから、昭和時代のオーディオでは考えられないことです。当時は、“重くて硬くて鳴きが少ない”というのが、本気で名機の条件だったりしましたから(笑)。

レクスト試聴機が、現存するDN-F650R+NS441Dの中で、一番鳴らし込んでいることになります。デジタル機器ですが、やはり「一日の長はある」と感じました。新品のDN-F650R+NS441Dは、ほんの少し軽やかな音楽再現です。まだまだデジタル機器の範疇という音でしょうか。アナログ機器を超える分厚いサウンドに昇華するには、100時間くらいエージングが進んだほうが良さそうです。

エージングといっても、好きな音楽を聴き続けるだけですから、特殊なソフトは必要ありません。消費電力はカタログ値20Wとなっていますので、夜間にリピート再生しておくと、数日で100時間に達します。

DN-F650R+NS441Dの登場は、音楽再生機の革命だと感じています。私も仕事柄、いろいろなプレーヤーを聴いてきました。超高額機はもちろん、スタジオでのマスター音源を含めてです。アナログのマスターテープは最高でした。DSDマスターをプレイバックしたときも、素晴らしいと感激したのを覚えています。それらの感動に一番近いのが、DN-F650R+NS441Dです。

見た目が1Uサイズなこと、有線リモコン(別売)なこと、何よりリッピング作業が手間だと感じないこと。この3つが許せるなら、迷わずDN-F650R+NS441Dの導入をご検討ください。あと2台までなら、即納可能です!

≫新トランスポート/プレーヤーDN-F650R+NS441Dの販売ページへ

リスニングオーディオ攻略本

・・・楽しいイラストで、コント風のやりとりが各章の頭に掲載されています。本編執筆より時間がかかったかもしれません(笑)。あなたなら、ショウくんの質問にどのように回答されますか?

音の名匠が愛するとっておきの名盤たち
・・・マスター、ショウくん、Pちゃんという前作の登場人物が、スピンオフで登場してくれています。彼らのその後はいかに?

≫ プライベートブログ『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/07/06(Wed) 16:18:19 | トランスポート

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1782)

Link

Search