レゾナンス・チップとは?

レゾナンス・チップ・ワールドの新発売で、初めて“レゾナンス・チップ”なるものを知ったお客様が多いようです。10年以上応援いただいている皆様には、ひとつの技術として定着しているのでしょうが、確かに初めて出会えば信じられないのは当たり前でしょう。

気になって“レゾナンス・チップ”でネット検索してみると、レクストの前身“RCC”時代に作成した古いホームページ「レゾナンス・チップとは?」が上位に出てきました。12年くらい前に書いたものですので、さすがに時代遅れです。急いで新しいページを執筆しております。

レゾナンス・チップを解説するには、いくつかポイントがあります。


1. 音質チューニング用動吸振器

レゾナンス・チップの動作概念を大きなモデルとして考えると、その動作が動吸振器であることがわかります。動吸振器とは公式が存在するほど、一般的な技術です。その動吸振器を音楽用に応用したのがレゾナンス・チップです。


2. なぜ小さくても音質変化が起こるのか

制振と聞くと、CDプレーヤーやスピーカーのように、実際に動いているものを制御するように想像してしまいます。レクストが扱っている振動は、もっと小さなもの。つまり、音楽が電気信号として流れるときの振動です。レゾナンス・チップの初期試作は大きなものでした。その効果が、どこまで小さくして体感できるかというテストを繰り返しました。
そこで落ち着いたのが、現在の直径1cmというサイズです。

例えばルームチューニングにしても、壁の響きとしてのエネルギーは小さなものです。低音を大音量で鳴らせば、手でも感じられます。では会話はどうでしょう?響く部屋で会話しながら壁に手を当てても、何も感じられません。こういう微振動を制御するのには、小さな動吸振器が適しています。

−−−−−−−−−−−−−

このような感じで、レゾナンス・チップを解説したいと考えております。HP完成まで、もう少々お待ちください。説明されると、そんなに不思議グッズではないことがご理解いただけるのではないでしょうか。レゾナンス・チップは、ひとつの技術です。

さて、カーオーディオでレゾナンス・チップ・ワールドをどう活用してよいかとのご質問をいくつか頂戴しました。まずは、ヘッドユニットに貼るのが一番です。人気であろうヘッドユニットを3機種ほど選び、レゾナンス・チップ・ワールドを貼る位置を考察してみました。

↓ 20万円クラス
car_p1.gif

↓ 10万円クラス
car_p2.gif

↓ 5万円クラス
car_p3.gif

基本的に、向かって右側が狙い目です。スイッチなどを避け、ポイントを探してみてください。レゾナンス・チップ・ワールドで、立体的で大きく広がるサウンドが、カーオーディオでも実現できます。
2011/03/25(Fri) 16:53:10 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2166)

Link

Search