ワールドでCDプレーヤーをチューニング

レゾナンス・チップ・ワールドの第2ロットが本日入荷しました。これでまた、多くの皆様にレゾナンス・チップ・ワールドのチューニングをお楽しみいただけます。

まず試していただきたいのは、CDプレーヤーです。冷たく、硬く、感情表現に乏しいと言われるCD規格の音ですが、レゾナンス・チップ・ワールドを1個貼るだけで、温かく、柔らかく、豊かな感情表現の得られる音楽に変貌します。

サ行や高域が強調されたように感じるのは、ある意味CD規格独特の問題です。試しにパソコンにロスレスで取り込んだり、iPodなどで同じ音楽を聴いてみてください。そんなに高域が痛くなくなると思います。とはいえ、デジタルコピーすると、なんだか鮮度まで落ちたような気がしますし、解像度が上がっても無機質な音楽に感じるものです。

一番は、CDプレーヤーの音が良くなれば問題なし(笑)。今のところ、CDプレーヤーには特に不満の無い方でも、レゾナンス・チップ・ワールドの音質向上はお薦めです。いくら高額のCDプレーヤーに買い換えたところで、この硬く感じるサウンドはCD規格特有のものですから、解決できないのです。いや、解決できないと思われてきました。

その問題を解決できたのは、レクスト独自のNS441D技術です。ほぼ完璧に音楽の記憶そのままに再現できるようになり、見事にCDの壁を突破しました。もちろん、アクセサリーだけで、個々の機器に対応させるオーダーメイドのNS441D技術と全く同じ効果とはいきません。しかし、非常に不満に感じていた最大の音楽再現の難点は、レゾナンス・チップ・ワールドを1個貼るだけで、解決できるようになりました。

貼る場所は簡単です。コンパクトディスクのロゴマークを見つけてください。フロントパネルのこのdiscロゴマークに貼るとベストな効果が出るように、レゾナンス・チップ・ワールドは考えられています。下記に3例ほど挙げてみます。

wd+cd6.jpg
wd+cd6.jpg
wd+cd6.jpg

「プレーヤーによってdiscロゴマークの場所は違うのでは?」と疑問を持たれると思います。しかし、これは大真面目に考えた作戦なのです。discロゴマークは、たいてい10mm角くらいの大きさです。レゾナンス・チップ・ワールドも直径10mmですから、貼る場所としてはちょうど良い感じです。しかも、discロゴマークはある程度デザインされた場所にありますから、そうそう違和感のあるポイントではないのです。フロントパネルのほどよい場所にあるdiscロゴマーク。そこにレゾナンス・チップ・ワールドを貼ることで、効果を発揮するように工夫してあります。

wd+cd6.jpg

レゾナンス・チップ・ワールドの裏側は写真のようになっており、茶色の剥離紙を取り去って貼り付けます。注意点は、黒い粘着部を手で触らないようにすること。最大の効果を発揮するためには、1回で貼り付けるのがベストです。貼り直ししていると、効果も減少しますのでご注意ください。

wd+cd6.jpg

事前にパネル側を入念に拭いておくのもコツです。メガネ拭きなどを利用すると良いでしょう。汚れと油分をしっかり拭き取るのが目的です。

wd+cd6.jpg

これで完成です。平面的だったCD規格の音が、自分のほうへ立体的でエネルギッシュに迫ってくればチューニング成功!ボーカルやヴァイオリンなどを聴けば、あまりのサウンドの違いに驚いていただけるはずです。CD規格特有の癖から解き放たれた音楽は、こんなにも素晴らしいのです。機器の買い替えでは得られない、レゾナンス・チップ・ワールドによるCDプレーヤーのグレードアップを、ぜひ体感してみてください。

--------------------------------------------
≫ 著書第二弾 『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』 詳細

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/03/08(Tue) 16:32:47 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1795)

Link

Search