ワールドをカーオーディオに

近日発売予定の新製品“レゾナンス・チップ・ワールド”を、カーオーディオでテストしてみました。ワールド1個を、純正カーオーディオのヘッドユニットに貼るだけです。

驚きますよ、本当に(笑)。音像の定位が、パッと前方へ移動するのです。ワールドを外すと、その瞬間に元の位置へ音像が戻ります。まるでエフェクターのスイッチをON/OFFするかのような、大きな変化です。誰でも認識できると思います。

私がCDやiPod、PCなど、ほとんどのデジタル規格の音源で違和感を感じているのは、その音像定位の不自然さ。一番分かりやすいのは、ヘッドホンで試聴した場合。音楽の定位する位置は、ほぼ頭の真ん中。“脳の中心”くらいと言うのでしょうか。

この頭の真ん中で聴こえる音楽が、枠を解き放たれたように開放されるのがレゾナンス・チップ・ワールドの効果です。今日のカーオーディオで言うと、頭の真ん中から、視線の先くらいまで大きく移動します。高域、低域といった音色・音質には、ほとんどと言っていいほど変化がありません。

著書『リスニングオーディオ攻略本』の12章で解説した、音楽の位置情報。これが大幅に改善されるのがレゾナンス・チップ・ワールドの秘密ではないでしょうか・・・?。

デジタル規格にありがちな、音楽がこぢんまりしてしまうような感じ、冷たくて硬くなる感じが、見事にレゾナンス・チップ・ワールドで解消します。ある意味、NS441D技術に近いのですが、そこまで完璧ではありません。とはいえ、レゾナンス・チップ・ワールドならではの、“簡易的改善の良さ”も感じます。

私の知る限り、このように音楽が開放されるデジタル機器はありません。それがレゾナンス・チップ・ワールドを1個貼るだけで実現できるのですから、凄い時代になったものです。1個単価で割ると約300円強ですから、コーヒー一杯分の投資で実現する大幅グレードアップ(笑)。

レゾナンス・チップ・ワールド、早ければ来週頭には量産されてきます。楽しみです。

--------------------------------------------
≫ 著書第二弾 『音の名匠が愛するとっておきの名盤たち』 詳細

≫ 初の著書 『リスニングオーディオ攻略本』 詳細

≫ プライベートブログ 『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/02/08(Tue) 16:58:47 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search