USB制振プラグの試聴をノートパソコンで!

レクスト試聴ルームは、ただいまメインスピーカーを入れ替え中で、アッセンブル作業待ちのスピーカーDW-S1 LTDが完成するまで、音が聴けない状態です。音の無い作業は、なんとも寂しい限り。そこでノートパソコンでBGMを流しながら、年末年始ご注文分の発送作業を行っています。

ふと気づくと、今日はBGMがなんだかご機嫌。昨日と違うところは何か? そう、ノートパソコンにUSB制振プラグを2個、装着したのでした!

usbat_190108_1.jpg

usbat_190108_2.jpg

ノートパソコン内蔵のスピーカーですから、基本的にはシャカシャカした薄っぺらいサウンド。こんなものでUSB制振プラグの有無が果たして分かるのでしょうか? 気休めに装着したつもりが、BGMレベルでもUSB制振プラグの効果を実感できたので、少々本気モードで比較試聴してみました。

実はノートパソコン内蔵のスピーカーは薄味サウンドながら、非常に高く評価できる面もあります。それは、スピーカーユニットが上向きで、非常に精度の高いセッティングで固定されているところ。ちなみに、ノートパソコンに向かって左右に首を動かしてみてください。センター音像が逃げていかないのが認識できると思います。実はコレ、精度の高いスピーカーセッティングが成功しているときの特長なのです!

さて、USB制振プラグの試聴をノートパソコンで真剣に行ってみると、これは面白い。USB制振プラグ無しでは狭かった音像が、装着するとパッと広がる。そして、高域の圧倒的な伸び。残念ながら、ノートパソコン内蔵スピーカーの性能では、低域までは認識できませんでした。何より、歌が艶っぽい。モノクロ写真がカラーになったような鮮やかさを感じます。

この音質向上は、マニアやプロでないと認識できない微妙な差ではなく、誰が聴いても笑ってしまうほどの音質向上。今日は、USB制振プラグの実力に、改めて驚課されました。いや〜楽しい!

≫ USB制振プラグの販売ページへ(閲覧には会員ログインが必要です)
2019/01/08(Tue) 16:55:49 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2058)

Link

Search