『究極の壁コンセント対策』のご感想

本日はプレーヤーN-70AE+NS441Dの完成試聴でした。

n70ns_180323.jpg

N-70AE+NS441Dは、CD盤が動くメカニズムを持ちません。ですので、一般のCDプレーヤーよりも長寿命と考えられます。10年、またはそれ以上ご愛用いただける音楽人生の相棒機。お客様にとっては、音楽人生の最後となるかもしれないプレーヤーです。試聴にも自然と力が入ります。もちろん、完璧のサウンドを確認し、お客様の元へと旅立ちました!


動画『究極の壁コンセント対策』に挑戦されたお客様からご感想が届きました。ありがとうございます!

------------------

到着したR-Pad-ezを、さっそく、コンセントのカバーをはずし、右隙間に入れようとしたところ、家のねじ止めされているコンセント・ユニット? が右寄りに取り付けされているためか?、右の隙間が幅、厚さがなく、やむなく、左の隙間に挟み聞いてみました。

で、、、、、選んだCDは、

(たぶん)10年以上前に購入し一度聞いて、「(ライブ演奏の収録)のせいか音がよくない」と感じ、そのまま、今日までほとんど聞かずにきた、(ホロヴィッツとオーマンディ指揮NYPのラフマニノフ P協奏曲三番)のCDを、試しにかけてみました。

すると、まったく、生き返ったような響き、演奏となって再現され、完全に引き込まれ、堪能しました。(ホロヴィッツファンではありませんが、これは、まさしく、ホロヴィッツのための曲ではないかと思った次第です。)

それは、稀代のヴィルテュオーゾの、両手が鍵盤上をところ狭しとはげしく駆け巡る、その何かが乗り移ったような全霊の表現、すごい集中度、振幅の大きさ、完全に鳴りきった響きの豊かさ、、、に引きずられてしまいました。

これまで(といっても過去一回だけですが)、味わえなかった印象で、一気に演奏の真相に肉薄した、という思いです。(いってみれば、演奏の享受における、「隔靴掻痒」の反対の体験です)

何が違うのかと言うと、演奏の「リアルな肉感性」が再現される、という印象です。間違いなくR-PAD等、貴社製品の複合的?効果によるものです。もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない、と思います。

以上、ひとまず、私の「一聴の感想」をご報告します。

(神奈川県 K様)


------------------

「もはや、これなしの、無味乾燥な音、音楽は聴きたくない」とは、まさに私が無い知恵を絞り、“爆発的〜” や “究極の〜” と表現していたそのものです。ぜひ未体験の皆様に、チャレンジしていただければ嬉しいです!

≫ R-Pad-ez販売ページへ


本日はメルマガを発行しました。

タイトルは『新しい概念による、二つの新製品を予告!』です!

メルマガご希望の方は、メールにてご連絡ください。今号より発行させていただきます!ブログとはまた違ったスタンスで、メルマガで楽しい情報を発信しております。

──────────────────────

この週末、急ぎR-Pad-ezを入手したい方はAmazonプライムで!


低音をガツンと聴くなら、このハイレゾ!
hd_best.jpg

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2057)

Link

Search