iPodの高音質転送方法

先週のイベントで、お客様と私のiPodでは、若干の音質差があるということに気づきました。そのときは、メモリタイプかHDDタイプの違い、nanoの世代違いが原因かと思っていたのですが、どうも私のiPodの中にも、音質の良くないものが存在しているようです。

原因となりそうなことが、いつもの転送作業の中にあったのです。それは、“RS-CUBICを使っているかいないか”でした。転送のときに、何気なく近くにあったRS-CUBICを使っていたパターンは音が良く、面倒でそのまま転送したのは普通の音です。

せっかくですので、いろいろと実験してみました。最良の転送パターンを見つけ出したいものです。

CDソフトからPCへのインポート時には、大きな変化が起きないことが分かりました。影響はあるものの、決定的なものではありません。インポートを再度やり直すのは非常に面倒ですので、若干安心しました。実験の結果、音質を大きく左右するのは、PCからiPodへの転送時です。


【第一段階: 転送ケーブルにDRESS-CUBIC】

まずお試しいただきたいのが、転送ケーブルへのDRESS-CUBICです。ケーブルインシュレーターは、あたかもケーブルが良質になったように作用します。特にDRESS-CUBICはビンテージ系のサウンドに特長があります。RS-CUBICとDRESS-CUBICで試してみましたところ、iPodの転送と相性が良いのは、断然DRESS-CUBICでした。音の滑らかさはRS-CUBICもなかなかのものですが、iPod転送には若干の音の硬さを感じます。DRESS-CUBICは音に温かみがあり、こういった携帯プレーヤーのサウンド改善に非常に有効なことが分かります。ケーブルに敷く位置でも変化があり、お薦めは付け根から20cmのところ。写真をご参照ください。


[Get Picture]



【第二段階: 本体下にRS-SQUARE】

更に、iPod本体の下に、インシュレーターのようにRS-SQUAREを敷きます。転送中に敷くだけなのに、不思議に結果として保存されます。転送が終われば、RS-SQUAREが無くとも、そのときのサウンドが再現されるのです。


[Get Picture]


これだけで、びっくりするくらいiPodの音が良くなります。iPod付属ヘッドホンで、十分認識できるほどの変化です。DRESS-CUBICとRS-SQUAREを使った転送では、音質が滑らかになり、躍動感が増します。音楽の表現力のグレードが違います。ヘッドホンで聴くと、肩の力が抜けるような印象があり、頭の中で展開する音像がほぐれていくようです。

以前、iPod本体にレゾナンス・チップ・スノウを貼る提案をしたことがありますが、おそらく効果はそれ以上。iPodの携帯性を損なうことなく、音質向上に成功しました。DRESS-CUBICとRS-SQUAREをお持ちの方は、ぜひお試しください。追試結果は掲示板でご報告いただけると嬉しいです。

2007/06/04(Mon) 18:25:22 | iPod関連

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1522)

Link

Search