極太リケーブルでの電車移動

先週末のe☆イヤホン秋葉原店さんのイベントで極太リケーブルについて一番多かった質問は、「本当にポータブルで使えるんですか?」でした。

私は実際に使っています。SHURE/SE215Z-LNC01W-P1.6MSのコンビネーションは最強ですよ!ちょうど葉山から秋葉原への移動だったのですが、電車が動くリスニングルームとなりました。レクスト試聴室で聴いているのと、何の違和感もない移動空間は快感です!

なぜあんな太いリケーブルが電車で使用できるかというと、MMCX端子部分は結構普通の細さなんです。胸元あたりから極太になります。特に電車でも注目されることはありませんよ。

lnc01wp_160621.jpg

あとはシーンによってリケーブルを使い分けています。葉山〜秋葉原間や、軽井沢からの新幹線は、乗り換えがなく1時間くらい座っての移動です。これなら何の違和感もなく極太リケーブルでご機嫌なサウンドを楽しんだほうが、人生の無駄遣いになりません。流石に頻繁に移動を繰り返すときなどは、軽いリケーブルを使います。普通のリケーブルが羽根のように軽く感じるのには、自分でもウケましたが。

自分のイヤホンから忘れられない音が出てしまったら、もう戻れません。Z-LNC01W-Pシリーズ、ぜひ!
2016/06/21(Tue) 17:01:17 | イヤホン/ヘッドホン

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2132)

Link

Search