新ステレオディフューザーのご感想 その2

本日も、メルマガ先行予約受付中の新製品、ステレオディフューザーRSD-BS1初回ロット導入のお客様よりご感想を転載させていただきます!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新型ステレオディフューザー、無事に届いています。さっそく楽しんでいます。アンケートにお答えします。


【質問A】 新型ステレオディフューザーRSD-BS1ご購入の決め手は?

 2)旧ステレオディフューザーRSD-HM1ユーザーだから


【質問B】 RSD-BS1の効果は体験できましたでしょうか?

 1)非常に満足


【質問C】 比較試聴した音源のタイトルは?

ストラヴィンスキー 春の祭典 ドラティ指揮デトロイト響 DECCA盤 (録音1981年)
ショスタコーヴィチ 交響曲第7番レニングラード フェドセーエフ指揮モスクワ放送響 Relief盤 (録音2004年)
デュカス 魔法使いの弟子 東京六人組 Cryston盤 (録音2015年)
シベリウス 交響詩集 カラヤン指揮ベルリンフィル DGG盤 (録音1984年)


【質問D】 RSD-BS1の設置で迷った点、分からなかった点は?

場所で悩むことはありませんでしたが、きれいな光沢仕上げなので、指紋などはつけないようにしたほうが良いのでしょうか?


【質問E】 ご感想をお聞かせください。

クラシック音楽ばかり聴いています。

春の祭典はうちのステレオのリファレンス盤ですが、大編成の合奏部分でも、クラリネット、ファゴット、ビオラなど、中央に位置する内声を担当する楽器ががよく聴き取れるようになりました。

印象的なのはティンパニが中央にビシッと定位するようになったことで、シベリウスでも同様の印象です。

ショスタコーヴィチは、ヴァイオリンが両翼配置で、コントラバスが壁一列にならぶため、モワッとした響きになりやすい盤だと感じているのですが、こちらもかなり見通しがよくなったように思います。

旧ステレオディフューザーで満足していたのですが、ビシッと引き締まったティンパニの音を聞いていると、まだ中央の音像のまとまりは改善の余地があったのだなと思いました。

また旧ステレオディフューザーと比べて、スピーカー周りの掃除がやりやすくなったのがよかったです。

(徳島県 N様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新型ステレオディフューザーの中央にビシッと定位する音、たまりませんよね!ステレオディフューザー最大の魅力だと私も思います。

新型ステレオディフューザー表面の光沢処理は、もちろん音質に関わっています。ときどきホコリを掃うくらいはメンテしたほうが良いかもしれません。指紋ですが、私はできるだけベタベタ付けないようには意識して、新型ステレオディフューザーを設置しています。
2016/02/25(Thu) 16:56:54 | ステレオディフューザー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search