新ラインケーブル完成

新しいラインケーブルが完成しました。Z-LNC01 Specialです。

RCAタイプが先行発売となり、1.5mペアで20,970円(税別)です。コレクト・チャック式のRCAプラグとなり、Specialのロゴマークが従来品と異なります。

zlncsprca.jpg

このケーブル開発のきっかけとなったのは、オーディオライター鈴木裕氏のアドバイスでした。オーディオ誌の取材で『ケーブル一斉試聴』といったとき、「レクストのケーブルが、決して一番良いというわけではない。」とのこと。では、どのあたりに改善の余地があるのかと尋ねると、「音の実在感。」であると。

実在感…。私が感じる実在感は、従来のレクスト・ケーブルにも充分に感じられます。レクストが大切にしている“音の生命力感”とは違ったパラメーターなのでしょうか。何度か鈴木さんと“実在感”について議論しましたが、結局は実際に聴いてみようということになりました。無理を言って、レクスト試聴ルームに、鈴木さん所有のケーブルを持ち込んでもらったのです。

価格は数十万円する高級ケーブル。高ければ良いというわけではありませんが、確かに鈴木さん所有のケーブルには、違った魅力を感じます。もちろん、レクストケーブルのほうが良いところもある。その答えを見つけたのが、今回のスペシャルケーブルの開発に繋がりました。それは、“音の色”です。

『黄色い歓声』や、『桃色の吐息』といったように、音は色で表現されることがあります。オーディオ的にも『金色のシンバル』といった言い方をします。音への色づけとは全く異なる、音が元々持っている輝きの色です。このカラー情報が、レクストのケーブルには少なかった。音楽の色情報がより正確に伝送できれば、それが実在感につながると確信したのです。

そして完成したのが、Specialと名付けたラインケーブル。その実力は、内緒で試作品を投入した始めてのイベントで、お客様より「今日から凄く音が良くなってる。」と指摘を受けるほどです。Specialケーブルを聴くと、従来のラインケーブルがある意味“モノクロ”に感じてしまうほど、圧倒的に音楽が輝いています。

従来のレクストケーブルの良いところは全て内包し、さらに音楽の色情報までも正確に伝えるのが、新しいケーブルです。完全上位ケーブルと呼べるでしょう。先週のイベントで披露したところ、ほぼ全員の方が予約して帰られました。

最高のケーブルだと、自信を持ってお薦めします。特に、レクストDAコンバーターや、NS441D施工したプレーヤーのユーザー様には、初めて100%の性能を発揮できるケーブルが完成したとご報告したいです。もちろん、一般のCDプレーヤーでも、Specialケーブルの凄さは感じていただけることでしょう。

全てのラインケーブルをSpecial化することをお薦めしますが、まずは最上流にお試しください。音楽がカラフルに輝いていたことを体感していただけることでしょう。

本日、製品版が工場より届きました。明日には、レクスト・ダイレクトで先行販売を開始する予定です。ご期待ください。
2008/11/10(Mon) 18:26:59 | ケーブル

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search