DACファイナルバージョンアップのご感想その3

5月22日のブログに続き、その後のDACファイナルバージョンアップのご感想を頂戴しました。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−

レクスト 西野 様

こんにちは。

あれからファイナルバージョンで音楽を聴き続けていますが、やはり、どこがどう良くなったなどという具体的な感想は書けません。全てが圧倒的に良くなったとしかいいようがありません。

でも色々聴いてた中で、このファイナルバージョンアップにふさわしい歌詞で歌ってる作品が
ありましたよ。荻野目洋子さんのアルバム『ディア・ポップ・シンガー』から「ダンシング・ヒーロー」です。

先に言うとこのアルバム、以前のシステムでは音圧の高さばかりが耳について全然楽しめませんでした。ところがファイナルバージョンアップ後に聴くと全くの別世界!荻野目洋子さんの歌唱は意外とクールという印象があったのですが、いやいやとんでもない。
「熱く火花散らして!」「もっと!もっと!」「熱いビートを鳴らして!」
本当にこの歌詞通り。高揚感が半端ないです。ファイナルバージョンアップの音も言い当ててると思いました(笑)

静かな音楽でも逆に寂寥感の表現がもの凄いです。中森明菜さんのいわゆる暗い曲の陰鬱感は、聴いてると放心状態になりますし、美空ひばりさんの「湯の町エレジー」のカバーも、歌詞通りギターがむせび泣きます。でもそういう作品の本質がファイナルバージョンアップでむき出しになったものを聴くと、何故かエネルギーが湧いてきます。

うーん、もうこのシステム以外で音楽は聴きたくありません。
同時にもうこれ以下の音では鳴らしたくないです。

ある意味ヤバイ領域に踏み込んでしまったような気が・・・

レクストオーディオ恐るべしです。

これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

(石川県 T様)


−−−−−−−−−−−−−

私も、ファイナルバージョンアップ後は、録音の良し悪しで音楽を聴くことがなくなりました。CDラックから「今日は、どの盤を聴こうかな〜」というとき、「あ、音があんまりだからな〜」という心のブレーキが無くなる快感といったら!

レクストDACファイナルバージョンアップですが、来週のスケジュールは既に満杯となりました。ありがとうございます。

6月後半指定でのバージョンアップ予約も入りはじめましたので、6月8日以降の週でのご予約をお早目にご検討いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

2015/05/28(Thu) 20:09:06 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2167)

Link

Search