レクストDAコンバーターのファイナルバージョンアップ

メルマガにて先行発表しましたが、レクストDAコンバーターの有償バージョンアップを行います。バージョンアップ費用は、36,000円(税・返送料込)です。

ただし、DAC-NS1Sの場合、R-VM18×2個の取り付けが必須ですので、未装着の方は36,000円+8,200円=44,200円(税・返送料込)のバージョンアップ費です。

長く続けてきたレクストDACの有償バージョンアップですが、今回で最後とさせていただきます。その名も、“ファイナルバージョン”。最後のバージョンアップですので、前回のSignatureバージョンアップを受けていない機でも、特別に一律のバージョンアップ費でお受けさせていただきます。

受け付け期間は2015年6月末まで。次回バージョンアップ受付は未定ですので、ぜひ期間内にお申込みください。期間外の個別のバージョンアップは受け付けませんので、ご注意ください。

中古やオークションなどでDAC-NS1S/DAC-NS1Mを入手されたお客様の場合、メンテナンス費として10,000円(税込)が別途必要です。詳しくは、お問合せください。

早速、今週よりバージョンアップ作業に取り掛かっております。初代DAC-NS1M×3台と、DAC-NS1S×2台です。

dac_vu_150519.jpg

メルマガに書きましたが、DAC-NS1Sファイナルバージョンアップの完成試聴で、この仕事に就いてから、初めて私は音楽に涙してしまいました。もちろん号泣ではなく、じわ〜っときたくらいですが、自分自身でも驚いた次第です。

あの涙が本物だったかどうか、それからファイナルバージョンアップの音を聴き続けています。そして、錯覚でも期待効果でもなく、目の前にある音楽は真実であることを確信したのです。

例えば、レクストDACファイナルバージョンアップで聴く、音楽の圧倒的なこの感動を100としましょう。これが100ならば、今までのNS441D技術で聴いてきた音楽は、30〜40という感じでしょうか。一般的なオーディオ再生ならば、残念ながら5くらいです。

あくまで私が感覚的に判断した感動の値ですので、絶対値ではありません。そんなにオーディオに興味の無い人なら差は少なくなるでしょうし、音楽に命がけの人なら私と同じくらいの値でご納得いただけるでしょう。

もちろん私も、一般的なオーディオ・システムで音楽を楽しむことができます。しかし、このレクストDACのファイナルバージョンを聴いてしまうと、5と100の感動の違いをどうしても感じてしまうのです。100の感動での音楽は、心の補正回路が全くの無防備。今までのオーディオのように、脳で修正・補完する必要はありません。これが大きな感動を生みます。

今日からバージョンアップ作業を始めたこの5台がお客様のところへ届けば、この感動の値の例え話が真実であることが伝わるでしょう。私も楽しみにしています。
2015/05/19(Tue) 17:48:43 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2167)

Link

Search