クリニックのレポート 神奈川県O様

昨年末にお伺いした、クリニック&トレーニングコースのレポートです。

場所:神奈川県 O様宅 洋室 天井高2.4m

お悩み:スピーカーを含むセッティングと、配線の取り回しを学びたい。
    現状のサウンドに不満なし。
    機器の能力を100%引き出したい。
    ルームチューニングをお願いしたい。

カウンセリング中の部屋の印象:
飛行場が近い関係で、防音性が高いお部屋とのこと。石膏ボードの響きが強く出ている印象です。

ビフォー試聴:
システムは、レクスト試聴ルームのリファレンスと同じ構成。とはいえ、いつもの音が聴こえてくるかというと、硬い音が鳴っており、100%の実力が発揮できているとは言えません。まずはルームチューニングを行い、硬い音の原因を探ります。

作業内容:
(ビフォー動画撮影)
1.レゾナンス・チップRTによるルームチューニング
2.レーザー墨出し器をセッティングし、基準線を出す
3.スピーカースタンドの立て直し
4.スピーカーの精度の高いセッティング
5.レーザー基準線に合わせ、ラックを真っ直ぐ置き直す
6.スピーカーのスピーカーターミナルのトルク調整
7.アンプのスピーカーターミナルのトルク調整
8.配線の取り回しを修正
9.エアコンコンセントに挿入してあった波動コンセントを撤去
10.ラックにレゾナンス・チップ・ゴールドを貼る
11.側面のカーテンが左スピーカーに近かったので、試聴席側へ移動
12.センター音像上方にあった煙感知警報機を試聴席後方へ移動
13.スピーカー近くの出窓の置物を片付ける
14.壁コンセントの金属ベースとカーボンパネルを撤去
15.レゾナンス・ピットを正確に置く
(アフター動画撮影)

1番から8番までは順調に進んだのですが、8番までの段階が終了しても、まだ硬い音が根本的に改善しませんでした。画像エフェクトのシャープネスがかかったような状態です。必ず原因があるはずですので、少しずつ探していきました。

面白かったのは9番。不要になったアクセサリーが、エアコンのコンセントに差さっていました。試しに撤去してみると、100点満点中5点アップくらい音質が向上してビックリ。オーディオ機器と直接関係のないエアコンのコンセントに思えますが、実は電源のアース部分でオーディオ機器と繋がってしまうのです。高価なアクセサリーが不要になってもったいないという気持ちは、私も理解できます。しかし、不要になったアクセサリーは、撤去するのが一番です。

そして、いよいよ原因を発見したのが14番。一見、普通の壁コンセントかと思いきや、非常に特殊なオーディオ系コンセントでした。壁コンセントは、なんと引っ張っても電源ケーブルが抜けないほど、強い締め込みでプラグを掴んでいます。これは硬い音のはずです。壁コンセントは後日取り換えてもらうとして、その日できるカーボンプレートと金属ベースの撤去のみ行ってもらいました。

壁コンセントが硬い音のままですが、ずいぶんと音がほぐれてきます。間違いなくシャープネスの原因は、この壁コンセントです。後日、普通のパナソニック壁コンセントに交換され、無事に柔らかなサウンドが得られたとのご報告をいただきました。

では、撮影してきたビフォーアフター動画をご覧ください。

ビフォー動画


アフター動画



メインシステムのクリニックのあと、ハイレゾ音源の試聴リクエストがあり、O様のDS-DAC-10で聴きました。レゾナンス・チップ・ゴールドと制振ノブ“R-VM33”というフル装備のDS-DAC-10。しかし、これもまた音が硬い・・・。

原因は簡単。O様はUSBケーブルにオーディオ専用品を使い、別電源装置を挿入されていました。これを私が持参した普通のUSBケーブルに交換。別電源装置は撤去し、パソコンのUSB出力とDS-DAC-10をUSBケーブルで直結しました。これで、いつもの柔らかいサウンドでハイレゾ音源が鳴りはじめました。

USBバスパワーを別電源にするというアイデアに否定的だということではなく、その別電源の音は“聴いてみなくては分からない”ということ。方式が優れているものが高音質だとは限りません。それならば、USBバスパワーでDS-DAC-10を駆動したほうが良い音だという場合があるのです。

後日、O様よりクリニックのご感想メールが届きました。

「昨日のクリニック&トレーニングコース誠にありがとうございました。今日は一日中音楽を聴いていました。

最初のレゾナンス・チップRTによるルームチューニングの音の変化から圧倒されて、ろくな感想も言えず申し訳ありませんでした。

私はずっと緊張していましたが、西野さんが終始にこやかにされていたのが印象的でした。」



作業中、ニコニコしていたとは、気づきませんでした(笑)。私は根っからの音楽好き。イイ音で鳴ってくれると、もう本当に嬉しくてたまらないので、顔に出てしまうのです。

レゾナンス・チップ・ゴールドのポイントも全てチャレンジ済みで、全てのレクスト・アイテムがフル装備というO様のシステム。ですが、その音の硬さは、ご自身での解決は難しかったと思います。クリニックにお伺いして、そして無事にレクスト・リファレンス・システムが柔らかい音楽再現を取り戻せて、本当に良かったです!

ご自身でオーディオ探求することは、もちろん素晴らしいと思います。しかし、スポーツのフォームと同じく、時には専門家に確認してもらったほうが大きく伸びる可能性が高いのです。「現状の壁を超え、次のステージに進みたい!」と感じたら、ぜひ私にお声がけください。一緒に最高の音楽再現を手に入れましょう!

 ≫クリニック&トレーニングコース詳細
2015/01/19(Mon) 18:05:05 | クリニック

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2086)

Link

Search