レゾナンス・チップ・ゴールドをスピーカーに!

東京出張などで遅れておりましたメールのお返事を、ほぼ本日でお送りできたと思います。まだメールが届かないお客様はお返事漏れの可能性がございますので、再度ご連絡いただけましたら幸いです。現在は、ご入金確認のチェックを行っております。御礼のメールは来週にお送りしますので、もう少々お待ちください。

さて、本日は新製品レゾナンス・チップ・ゴールドのテストで、スピーカーに貼ってみました。レクスト製スピーカーはこれ以上のチューニングが困難ですから、他社スピーカーでテストする必要があります。久しぶりにNS-10M STUDIOを引っ張り出してきました。スタジオモニターの定番スピーカーです。

スピーカーケーブルの接続は、制振Yラグ“RY-318”が使用できました。穴に挿入するタイプのスピーカーターミナルですが、制振Yラグ“RY-318”がガッチリと固定できています。NS-10Mで、ここまで完璧にスピーカーケーブルを結合できた経験は今までありません。快感です!

ns10m_140926.jpg

さて、NS-10Mの試聴。以前にご紹介したレゾナンス・チップ・ワールドのNS-10Mチューニング状態でしたので、ますはそれで聴いてみました。

「う〜ん、これは残念・・・」レクスト製スピーカーに慣れてしまうと、もう元には戻れません。NS-10Mでスタジオ作業をしろと言われると、今ならそうとう疲労するかも。そんなサウンドでしか鳴ってくれませんでした。

次にレゾナンス・チップ・ワールドを撤去し、完全なノーマルのNS-10Mの試聴。「これは・・・ひどい・・・」レゾナンス・チップ・ワールドで、相当な音質向上があったのが理解できました。懐かしのNS-10Mサウンドを思い出したというか、薄味で平面的なサウンドにはガッカリです。上流がいくら優れていても、スピーカーが音楽再現全体の鍵を握っている。そう確信できるサウンドです。

いよいよ、レゾナンス・チップ・ゴールドでの試聴。レゾナンス・チップ・ゴールドの貼る位置は適当でOKですから、一般的なスピーカーで一番貼りやすそうな上部の真ん中=スピーカーの眉間ポイントに貼ってみました。

ns10m_140926_1.jpg

これはもう愕然の音質向上。別のスピーカーを聴いているようです。位相表現が良くなり、低音や高音の感じ方も適切。立体的な音像となりました。何より、NS-10M特有の“音のペラペラ感”、“紙クサイ音”が改善されているではないですか!それも、たった1個のレゾナンス・チップ・ゴールドで(左右スピーカーで2個必要ですが)!

ns10m_140926_2.jpg

スピーカーにもレゾナンス・チップ・ゴールドは大いに有効です。スピーカーを買い換えたくらいの感動が得られることでしょう。最高の制振能力というレゾナンス・チップ・ゴールドの実力に、改めて感動した試聴でした。

レクスト製スピーカーをお使いの方はレゾナンス・チップ・ゴールドをスピーカーに貼らないほうが良いと思いますが、他社スピーカーの場合はぜひチャレンジすべきです。ベールが一枚どころか、一気に数枚無くなるような感激が得られます。スピーカーはレゾナンス・チップ・ゴールドのお薦めポイントとなりそうです。

※NS-10M+レゾナンス・チップ・ゴールドは、ビフォーアフター比較試聴動画を収録済みです。近日公開しますので、どうぞお楽しみに。

---------------------------------------

メルマガ先行予約を行いました新製品“レゾナンス・チップ・ゴールド”は、初回ロット90セットが4時間で予約完売しました。現在、第2ロットのご予約を受付中です。ご予約数は、全体で既に152セット(9/26 17時現在)に達しました。本当にありがとうございます。

第2ロットは大量に入荷する予定ですが、一度に全数を出荷することはできません。ご予約の順番で発送作業を行いますので、お早目にご検討いただければ幸いです。

メルマガ先行予約に続きまして、近日にはレクスト・ダイレクトにて一般予約を開始いたします。もう少々お待ちください。
2014/09/26(Fri) 16:58:19 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search