DAC-NS1Sの満足度

このところのフライデーイベントで、REQST-PRO/DSW-T1の試聴要望を数多く頂戴しました。DSW-T1の試聴機がメンテナンス中だったので、しばらく聴いていただくことができなかったのです。本日、再アッセンブル作業を行い、DSW-T1の試聴機が復活しました。

久しぶりに聴く、DSW-T1。しかし、この素晴らしいサウンドは、私の記憶にあるDSW-T1の音をはるかに超えるイメージです。そういえば、DAC-NS1Sがこのバージョンになってから、DSW-T1で聴くのは初めてかもしれません。

レクスト試聴ルームのメインスピーカーDW-S1が48万円。DSW-T1は、その半額以下の22万円。それが、こんな良い音で鳴ってしまうと、開発側としてちょっと冷や汗ものです。

もちろん、上位機種DW-S1には圧倒的な優位性があります。では、【一般CDプレーヤー+DW-S1】と【DAC-NS1S+DSW-T1】を比較試聴すればどうなるでしょう。100人でブラインドテストしたとしても、全員が後者を選ぶことでしょう。

この結果から考察すると、DAC-NS1Sの新しい音楽世界が、素晴らしく再現しやすいということが分かります。DSW-T1のような17cmシングルウーファーの低音でも、DAC-NS1Sのボトムレスな音楽表現ならば、レクスト試聴ルームのような広さがあっても、のびのびとしたパフォーマンスが可能となります。

簡単な計算をすると、48万円-22万円=26万円。この26万円は、迷わずDAC-NS1S/38万円の購入資金の一部に充当したほうが、音楽的にははるかに有効な投資となることでしょう。オーディオシステムのグレードアップ案としても、スピーカーの買い替えより、DAC-NS1Sを選ぶほうが、圧倒的に音楽の高みに到達できるのではないでしょうか。

少々商売っぽい話になりましたが、こういったグレードアップのご相談が最近多いので、スピーカーの試聴に来られたお客様にでも、DAC-NS1Sをご紹介しています。私も頭では理解していたものの、その事実を今日のDSW-T1試聴で見せ付けられた感があります。私自身ショッキングな結果でした。

私は仕事柄、自宅ではあまり音楽は聴きません。仕事中の音楽試聴で、かなりの満足が得られているからです。自宅で聞くBGMなら、CDやiPodの音で十分です。世の全てのCD機器が、DAC-NS1Sの世界に到達する必要はないと思います。しかし、音楽が大好きで、オーディオを趣味とされている方ならば、そしてCDの音質では満足されていないのならば、DAC-NS1Sと出会うべきです。

You Tubeの画像でも感動できる音楽があります。同じソースをブルーレイで見るのでは、感動の質や大きさは同じでしょうか。そんなことを想いながら、レクスト試聴ルームを流れる音楽に感嘆する一日でした。
2008/07/15(Tue) 18:31:16 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search