制振ノブ“R-VM33”、回路図からの解説

制振ノブ“R-VM33”の解説です。ボリュームノブを交換するだけで、なぜ大幅に音質向上するのか?そのヒントを書きます。

下図はボリュームの回路図記号です。矢印が上下し、抵抗値を変化させるボリュームの構造をよく示していると思います。

rvm33_140908.gif

ツマミを回して音量調整している普段の動作では気付きにくいポイントですが、ボリュームには赤丸で示したA点という接点が存在します。回るという連続動作ですが、A点は常に接点です。

接点があるということは、もしかするとそこで音質劣化している可能性があるかもしれません。しかし、それを対策する決定的な技術は今までありませんでした。音量を調整したいのですから、ボリュームをハンダで直結するわけにもいきません。

レゾナンス・チップ・コネクトは、振動をコントロールすることで接点を仮想直結することができるアイテムです。ボリュームという可変する接点にも有効に作用しそうな予感。まず第一段階として、純正ボリュームノブにレゾナンス・チップ・コネクトを貼ってみてください。これだけでも、大きく音質向上します。

ボリュームツマミは日々操作するパーツです。レゾナンス・チップ・コネクトがはみ出して純正ツマミに貼ってある状態は、いかに音質が良くなろうとも私には許せるルックスではありません。そこで、見た目も向上し、レゾナンス・チップ・コネクトが美しく装着でき、音質が純正ノブよりも大幅グレードアップできるツマミを開発できないものかと考えました。それが制振ノブ“R-VM33”です。

イメージとしては、車のアルミホイールを交換するような感じでしょうか。カメラやゴルフなど様々な趣味でも言えることですが、自分好みにカスタマイズするのは楽しいもの。オーディオアクセサリーという言葉の“アクセサリー”という意味を考えて制振ノブ“R-VM33”を開発したのです。

ツマミを交換するだけで大幅音質向上する。理由がわかれば、不思議ではありません。やみくもに進むのではなく、ちゃんと意味のある行動です。制振ノブ“R-VM33”に交換できるアンプや機材を所有しているということは、これから新しい音楽再現と出会えるチャンスが残っているということ。すでに制振ノブ“R-VM33”を導入した人=扉の向こうに来て音楽を堪能している人にとっては、こんなに羨ましい話はありません。

rvm33_140620.jpg

制振ノブ“R-VM33”は即納可能です。ご検討よろしくお願いいたします。

 ≫制振ノブ“R-VM33”の販売ページへ
2014/09/08(Mon) 16:24:13 | 制振ノブ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2131)

Link

Search