新製品R-VM33のバイオリン比較試聴動画

本日は、新製品“高音質ボリューム・ノブ R-VM33”の比較試聴第2弾です。バイオリン・ソロでビフォーアフターを聴き比べてみてください。

試聴曲は、著書『リスニングオーディオ攻略本』の添付CDに収録している、世界的なバイオリン奏者の金子飛鳥さんによるソロ。ハイレゾ音源でもそうそう勝てない高音質で、バイオリンの美音が楽しめます。レクストダイレクトには、ブルースペックCD仕様の幻の初版在庫が若干ですがまだあります。Amazonでは通常CD版が入手可能です。

 ≫『リスニングオーディオ攻略本』初版 Blu-spec CD仕様 販売ページへ

 ↓ミュージシャンも納得!リスニングオーディオ攻略本 良い音へのトビラを見つけた! 通常CD版 (CD付き)
ミュージシャンも納得!リスニングオーディオ攻略本 良い音へのトビラを見つけた! 通常CD版 (CD付き)

では、比較試聴動画です。ボリューム位置を17クリックで固定し、純正ノーマル・ツマミと新製品R-VM33で比較しています。ボリューム・ノブのみの変更で、その他の条件は共通ですので、ネット動画で試聴すると、その変化箇所のみの比較ができるという動画です。

まずはビフォー動画。純正ノーマルのボリュームノブです。




次にアフター動画です。ボリューム側&セレクター側両方のノブを新製品R-VM33に交換しました。R-VM33のフル装備状態でのパフォーマンスです。




いかがでしたでしょうか?何より、金子飛鳥さんの演奏が素晴らしい!レコーディング時に、私は数メートルの至近距離で聴いていました。その時間へとタイムスリップできるのはどちらかというと、間違いなくR-VM33装着後のサウンドです。息を呑み、バイオリンの音色に感動したあの日が蘇ります。

試聴ポイントは、やはりバイオリンの音色。複雑な倍音まで再現できているかをチェックします。次に、余韻や空間の表現。バイオリンは楽器が鳴っているだけでなく、演奏者や部屋、そして大地とともに鳴る楽器です。無音部や弱音部にも音が存在するのを感じられるのはどちらのパフォーマンスかチェックしてみてください。

長くこの比較試聴動画を作成していて「果たして違いが伝えられているのか?」と心配でした。ちょうど今、連載のお仕事の関係で、対談した録音データのテキスト化という作業を行っています。ハイレゾについて、マスタリング・エンジニアの小泉由香さんと対談しました。とっても興味深い内容になっています。ご期待ください!

その対談のテキスト化の際にヘッドホンで会話をチェックしているのですが、息抜きに比較試聴動画も聴いてみたところビックリ!ヘッドホンならば、R-VM33の効果が浮き彫りになって聴こえてくるではありませんか!

伝言ゲームで、一人の回答者が代わったとお考えください。純正ノーマル・ツマミか、新製品R-VM33か。その後に連なる回答者の条件は様々でも、違いはその一点のみです。ここにこの比較試聴動画のポイントがあります。

ノートパソコンの内蔵スピーカーでは、流石に私も判別が難しいと感じました。試しにヘッドホンやイヤホンで比較試聴してみてください。結構楽しんでいただけると思います。


新製品R-VM33の初回ロット先行予約を開始しました。初回生産は100個です。ご予約お待ちいたしております。

 ≫新製品R-VM33 初回ロット先行予約ページへ
2014/04/16(Wed) 16:55:44 | 制振ノブ

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1782)

Link

Search