NS1Sに“DD”内蔵

実は、ハイエンドショウへ持っていったDAC-NS1Sには、開発中の製品“DD”の機能を搭載していました。本日は、その解説です。

ハイエンドショウ前のフライデーイベント。アナログレコードとの聴き比べで、DAC-NS1S単体では、まだまだレコードの音楽再現に及ばないことを痛感しました。しかし、開発中のデジタル〜デジタル・コンバーターの仮称“DD”機を接続すると、レコードの音楽再現が射程距離内に入ってくることがわかりました。ハイエンドショウは、多くの方にDAC-NS1Sを知っていただく重要な機会です。なんとか最高の状態でデモンストレーションしたいと考えました。

GW休暇中に、ある重要なポイントに気がついたのです。これならば、DAC-NS1Sに“DD”機能が搭載できるかもしれません。正確に言うならば、実はDAC-NS1Sには初めから“DD”機能を搭載していました。しかし、それが効果的に発動していなかったのです。

ここで“DD”の正体を明かしましょう。“DD”とは、セカンドPLLへ施す独自のチューニング技術です。セカンドPLLとは、D/A変換時の再生クロックジッター及び、全帯域の雑音歪みを低減させる回路です。そのセカンドPLLにチューニングを加えることで、デジタルで失われがちな音楽の“ノリ”や“タメ”、“リズムのうねり”を蘇らせます。“DD”技術により、音楽の“グルーブ”が復活するのです。

しかし、DAC-NS1S内蔵のセカンドPLLにチューニングを施しても、若干の効果はあるものの、想定通りの性能を発揮してくれませんでした。外付けのジッター除去回路にチューニングを加えたのが試作“DD”機で、こちらは音楽の“グルーブ”の復活に成功しています。この謎は、ずっと解けずにいました。

ハイエンドショウ直前に、DAC-NS1S内蔵の“DD”を発動させるのに、電源が重要であると気付いたのです。急ぎ、新しい電源ケーブルを試作したところ大成功。DAC-NS1S単体で、まるで“DD”を接続したときのように音楽の“グルーブ”が戻ってきました。しかも、外付け“DD”の改善事項であった、接続機器が増えることの音痩せ問題も起きません。

実際に、音元さんのデモ「話題のDAコンバーター聴き比べ」で、良好な結果を得ることができました。参加された方ならば、男性ボーカル曲がDAC-NS1Sだけゆったりと聴こえ、キメの“タメ”が再現されていたのに気付かれたのではないでしょうか。

そして本日、DAC-NS1S専用の新しい電源ケーブルが完成しました。ハイエンドショウへ持っていった試作ケーブルよりも、音質が太く、音楽の情熱がより深く再現されるようになったのは、想定以上の仕上がりです。Z-PRC01とは異なる、DAC-NS1Sに合わせた独自のチューニング。電源環境の変化にも強い仕様を意識しましたので、ご自宅でも必ず“DD”機能が発動します。ご安心ください。

新しいDAC-NS1S専用電源ケーブルは、音質は異なれど、見た目での違いはありません。唯一、プラグ部の焼物ロゴが無くなり、型番のシールで見分けができます。

zprcns1s.jpg

DAC-NS1Sの進化の経緯を、ここでまとめさせていただきます。

1.発売・・・2007年11月
2.マスタリングスタジオの全面協力による、音質向上・・・2007年12月
3.完成バージョン・・・2008年2月
4.フルスロットル化(初の電気的改良。IV回路でゲインを2dBアップ。)・・・2008年3月
5.新生NS1S(CDの上下の壁を突破)・・・2008年4月
6.“DD”発動(新しい専用電源ケーブル)・・・2008年5月

そして、いよいよ来週より、お客様のDAC-NS1Sをお預かりして、無償バージョンアップを行います。今回は、フルスロットル化のため工場へ送っていただくお客様と、電源ケーブルの交換だけのお客様に分かれます。個別にメール連絡させていただきますので、もう少々お待ちください。

長かったDAC-NS1Sの開発ですが、本当にこれで完成です。その証拠に、開発スタッフ一同は、次のプロジェクトを行っております。それは、初代DAC-NS1Mのバージョンアップ作業です。REQSTエンブレムのDAコンバーターは、やはり音楽の新世界を体感できる機であってほしい。その想いと、ユーザー様よりの熱い要望がひとつとなって、もうひとつの“奇跡”に挑戦しております。

もちろん、CDの上下の壁は突破すべく狙いをつけています。それだけでなく、初代DAC-NS1Mも、セカンドPLL回路を搭載しております。ということは・・・。有償となりますが、2回目のバージョンアップですので、価格はできる限り抑える予定です。初代DAC-NS1Mのユーザーの皆様、大いにご期待ください。
2008/05/15(Thu) 18:25:04 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2133)

Link

Search