夢のスピーカー その1

2013年、実はレクスト創業10周年、レゾナンス・チップ誕生15周年という記念イヤーなのです。音楽を愛する皆様に支えられ、無事にこの記念イヤーを迎えることができました。本当にありがとうございます!

10周年の記念行事として何か特別なことをやってみたい。もちろん、レクストの基本である新型オーディオアクセサリーには挑戦しなくてはならないでしょう。それとは別に、今までやってこなかった大きなプロジェクトを考えてみました。

『夢のスピーカーを創る』です。

きっかけはいろいろとありました。ひとつは、著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』の出版記念イベントでのこと。ベーシスト川崎哲平さんにゲスト出演していただき、"オーディオvs生演奏" というコーナーを企画しました。そのときの動画がこちらです。



動画では、カメラのマイクゲインをオーディオとMCは"ハイ"、ベース演奏は"ロー"で収録したことから、大きな音量差が発生してしまいました。うまく当日の興奮が伝わらないかと思います。

実際はどうだったかというと、ベースアンプから繰り出される巨大な低音の塊というべきサウンドは、現場にいた全員を圧倒しました。私ももちろんノックアウト状態。会場の広さから考えると、スピーカーRQ-F7の17cmウーファーでは、音量も空気を動かす量も大きく不足しており、ベース生演奏の迫力には到底敵いません。

これは正直悔しかった・・・。ベースアンプと対決する気は今もありませんが、やはり大口径ウーファーが放つ低音の魅力は、細かい条件を吹き飛ばす魅力があると痛感したイベントでした。

あとは、オーディオライターの鈴木裕さんに、いつも指摘される「レクストは、大型スピーカーに挑戦すべきだ。」ということ。私はいつも「宿題ですね〜」と逃げていましたが、アイデアがどんどん蓄積されてきた今、そろそろその時期が来たのかと私自身そう思えるようになりました。

レクスト10周年記念の特別企画として、この“低音再現”と“大型スピーカー開発”という難問に対し、レクストらしい回答を出してみたいと考えました。『夢のスピーカーを創る』プロジェクトは、こんな感じでスタートしたのです。・・・(つづく)

dream_sp_130703.jpg
2013/07/03(Wed) 16:54:14 | スピーカー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search