DN-700C+NS441Dのご感想その1-1

DN-700C+NS441Dのご感想を頂戴しました。3話シリーズです。

−−−−−−−−−−−−−−−−

DN-700C+NS441Dを受け取りました。

何だか、圧倒されてしまいました。NS441Dの施工開始、DACのバージョンアップを経験してきた身としては、その都度「生演奏に近づいたな」と思っていたのですが、今回はそのレベルが違いますね。

音場の見通しが良く、細かい音や表情がもれなく再生されるのはもちろんですが、それらが一つの音楽に結実していく様は壮観です。名曲を評して「無駄な音符は一つもない」という言い方がありますが、このプレーヤーには、ディスクには無駄な音など入っていないということを痛感させられます。

それから、音の出方が軽やかなのがよいですね。実際、生演奏の音の出方はとても軽やかです。

USBメモリは推奨品を入手して、ソフトも推奨品でリッピングしました。この音もまた驚異的でした。CDで聴くと、ディスクによって濃淡はありますが、靄がかかっているような感じがあります。それが、リッピングしたデータを再生すると、その靄が見事に晴れて、ああこれが本来の音なのか、と心底納得できるサウンドになります。

なお、DN-700C+NS441Dは、バランス出力からプリメインアンプに接続しています。単体でも十分高音質なので、DAC-NS1Mはお休みしていることが多くなってしまいました。切り替えて試聴してみたところでは音質差が意外となかったのですが、何か間違えているでしょうか?組み合わせて使うと一層パワーアップするものだと思っていたのですが…。

もし使いこなしに問題がありそうであれば、ご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

(東京都 H様)


−−−−−−−−−−−−−−−−

DN-700C+NS441Dは主にトランスポートの音質改善を目指し、DAC-NS1M Signatureはデジタル-アナログ変換の音質改善を目指しチューニングしていますので、それら2つが掛け合わさって何倍もの効果を生み出すのが正解。「DAC-NS1Mはお休みしていることが多い」というのは、なんとか解決しなければいけない問題です。

DN-700C+NS441D単体のサウンドは、ご感想からも良い状況にあるようでしたので、DACまでの伝送が上手くいっていないのではないかと推測し、下記のチェック項目をお返事しました。

・デジタルケーブルは、レクストのZ-DTC01でしたでしょうか?
・ケーブル・ブレスレットの有無は?
・クリーニングは?
・特殊な他社アクセサリーの有無は?
・特殊な電源装置などは?

今週のブログは、この問題解決までのプロセスを皆様と一緒に追いかけてみたいと思います。

(つづく)
2013/04/01(Mon) 16:10:30 | NS441D技術

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search