NS1S完成バージョン

「限界などない。限界とは自分自身で決めているだけである。」と痛感したのが、DAC-NS1MからDAC-NS1Sへ続いた開発の道程でした。“TWIN-NS”を完成させたときに、イベントでよく「これが限界です。」と発言していたのが、今となっては懐かしい思い出です。今、レクスト試聴ルームで鳴っている、広大で生々しいサウンドは、なんと表現すれば皆様に伝わるのでしょうか。

音楽再現には、まだまだ限界はないと思いますが、DAコンバーターの開発においては“完成”であると感じています。最終バージョンアップを達成し、完成したDAC-NS1Sを聴いていると、本当に惚れ惚れし、感動で放心状態です。“TWIN-NS”の限界発言以降、よくぞここまで登ってきたものだと実感します。CDソフトの音に不満を抱き続けていた数年前には、とても考えられなかった音楽がそこで奏でられているのですから。

NS1Sを購入されたエンジニアさんや、イベントのお客様にも、この完成バージョンDAC-NS1Sは本当に大好評で、「この仕上がりは奇跡と言ってもいいくらい。もうこれ以上、絶対さわっちゃ駄目ですよ。」と皆様よりクギを刺されています。開発チームの自分達からすると、これは奇跡でもなく、狙って達成できた成果です。偶然ならば、量産できないのですから。とはいえ、完成バージョン以降は、DAC-NS1Sに一切手を入れておりません。そのくらい、誰が聴いても“完成形”なのです。

いよいよ、次のステップに進んでいけそうです。DAコンバーターを中核とした、更なる音楽再現の発展。見上げれば霧が晴れ、また更なる高みが見えてきました。限界などないのですから、また進んでいくだけです。でも、今度は少しゆっくり進んでいきたいところですが。

2008/02/06(Wed) 18:08:45 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2113)

Link

Search