レゾナンス・チップ・パワーの復旧再生

AV Watchさんの記事で「なお、一度剥がすと、使えなくなる。」と紹介されたので、肝心の復旧再生サービスについてが上手く伝わっていないようです。補足させてください。

レゾナンス・チップ・シリーズ全体の欠点と言えるのですが、粘着部で対象物に貼り付けるという構造のため、何度も貼り直すことができません。そこで以前、予備の粘着部を商品に付属させてみたこともあったのですが、その粘着部だけを他に流用するケースが増えてしまい、困ってしまったことがありました。商品の品質キープのためにも、粘着部だけの供給はできないと感じています。

現在は、2つの方法をとっています。ひとつは金属系レゾナンス・チップ。こちらは使い捨て商品と割り切り、できるだけ製品価格を抑えて供給しています。

もうひとつは焼物系レゾナンス・チップ。こちらは焼物部が高価ですので、販売価格も高め。使い捨てと考えるには問題アリです。そこで、復旧再生サービスを有償で行っております。図書カードと焼物部を送っていただき、焼物部をクリーニング後、粘着部を復旧してご返送するというサービスです。

レゾナンス・チップ・パワーは、1個単位の販売ですから、従来の4〜5個単位の復旧再生サービスとは少し違うスタイルを考えました。直販しか行わないレゾナンス・チップ・パワーの販売方法を活かし、返送用80円切手のみで復旧再生するという新しいサービスです。

これならば、貼り損じや引越のときも安心。ただし、比較試聴を無限に繰り返す人がたくさん増えると、こちらも80円切手だけでは復旧再生対応できなくなってしまいます。そこは直販という人間関係を考え、お客様と相談しながら対応を個別に検討していくという案を考えています。

お伝えしたかったのは「一度剥がすと、使えなくなる」というところではなく、“80円の返送切手同封で復旧再生する”というのが、レゾナンス・チップ・パワーでアピールしたいポイントです!
2012/07/30(Mon) 15:52:53 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2158)

Link

Search