新電源タップのご感想その3

“電源”というカテゴリーを作りました。新電源タップの情報は、電源カテゴリーで関連ブログ一覧をご確認いただけます。 ≫カテゴリー“電源”

お客様から新電源タップのご感想を頂戴しましたので、転載させていただきます。3回に分けてのご感想です。調整プログラムの適応で、新電源タップの環境が仕上がっていく様子がよく分かると思います。ご感想ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いつも大変お世話になっております。この度は電源タップのグレードアップ・キットありがとうございました。

早速試みてみました。電源タップのスノウをはずし、指示通りの位置に新しいチップとシールを貼付しました。また、電源ケーブルの挿し順は同様にしました。

まずレゾナンス・ピットをはずした状態での試聴では、音がエネルギッシュに変化しアタックのスピード感が上がりましたが、音が放散している印象で、低域が甘く感じました。次にピットを装着して試聴したところ、音像が落ち着き、低域の重心がさがり、全域の音の密度は高くなりました。

ただ、先日のDACのVer.Sig.の時に感じた音像のすっきりした自然な方向性とは微妙に異なると思えます。本来の効果が実感できるまで、なじむ時間がかかるのでしょうか?またピットの装着が前提のグレードアップなのでしょうか?宜しくご指導ください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このメールのお返事で、電源ブレーカーに貼るレゾナンス・チップの調整プログラムをお伝えしました。

また、レゾナンス・ピット理想的な機器設置を目的としたアイテムであり、新電源タップの電源改善とは目的が異なるので、両者の併用をお薦めしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

問題解決しました。丁寧なご教示大変ありがとうございました。

ご推察の通り、電源ブレーカーには Moon、ブロウ、スノウがありましたので、すべて撤去しました。まるで音が吹き出してくるようです。これが本来の効果なんですね!

DACのVer.Sig.で美しく整った音場にさらに大きな躍動感が付与されました。これでも大満足でしたが、待てずに子ブレーカーへブロウを貼ってしまいました。これならゆっくり検証してみます。

一時はつまった音を聴いてショックでしたが、今回はレゾナンス・チップの効果(作用)の大きさに本当に驚かされました。今後ともどうぞよろしくお願いします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この段階で、新電源タップではアンプへのレゾナンス・チップ10年技が不要となる調整プログラムをブログで発表しました。それを試してみられてのご感想が下記です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ブログを拝見して、同じような状況の方がいて安心しました。

アドバイスの通り、ブレーカーのブロウ、Moon、スノウ撤去、子ブレーカーにブロウ貼付、アンプのブロウとMoon撤去して、新たな気分で試聴しました。

DACのバージョンアップで最高峰と思っていましたがあっさり覆されました。オーディオ的な生々しい音のレベルを超えて、感動を与えてくれる音楽が鳴っています。

オーケストラではよりステージに近づき、金管の咆哮に圧倒され、指揮者のうなり声も実感できます。ジャズライブではベースのスケールがほぼ実物大です。次第に熱を帯びてくるライブをCDで楽しめました。ここ数日は本当に楽しい時間を過ごせています。

今回の電源グレードアップのインパクトはとても大きいですね。改善の程度の大きさと満足感、さらにこれから手持ちの1,000枚を超えるCDを聴き直す期待感を考えると、2,500円の費用は嘘のようにCPが高いと思います。

これ以上の改善はあるのでしょうか?また驚かせて下さい。期待しています。

(栃木県 Dr. K様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これ以上の改善・・・う〜ん、悩みますね(笑)。軽井沢に、また春が訪れようとしています。そして、レクストは歩み続けています。芽吹くようにアイデアが広がれば、道はきっと開けていくのではないでしょうか。開発チーム一同が絶好調を維持し続けているのは間違いありません。この勢いを大切にして頑張ります!
2012/04/09(Mon) 16:45:51 | 電源

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1261)

Link

Search