DAC-NS1S/NS1M ver.Signature発表

DAC-NS1S/DAC-NS1Mのバージョンアップ受付を開始します。バージョン名は、2012バージョンならぬ“ver.Signature”。ネーミングから、そのサウンドへの自信のほどを感じていただけるのではないでしょうか。

TwitterにレクストDAC新バージョンについてのご感想を紹介したところ、「試聴会レポートよりも、新バージョンを早く発表してほしい」との声が多数。実は、試聴会に来られたお客様は、全員がバージョンアップを申し込まれて帰られました(笑)。全てのレクストDACユーザー様に早くこのサウンドをお届けしたいという想いもあり、急ぎこのブログを書いています。

2010年9月に発表した“ver.2011”から1年強。はっきり言って、ver.2011を超えるのは難しかったです。本当に1年かかりました。

オーディオは、必ず何かしらの脳内補正回路を動かして聴いています。これが生の音楽を聴くときとの違いです。レクストDAC ver.2011でも、全ての音は聴こえていました。ただし、相変わらず脳内補正回路は動いています。これを徹底的に研究しました。

言葉にすると陳腐ですが、“ver.Signature”では“心”、“気持ち”、“愛”といった、音以外の感情表現を再現することに成功しました。それが音楽と音の違いだからです。詳しいサウンドにつきましては、少しずつレポートしていきます。

名前を2012バージョンとしなかったのは、これでファイナルバージョンという気持ちがあるためです。皆さんに笑われるかもしれませんが、長かったバージョンアップ作業もいよいよゴールインだと感じています。

「署名できるほど自信がある」というシグネチャー本来の意味通り、“ver.Signature”と名づけました。いつもながらバージョンアップでレクストDACの外観に変更はありませんが、少しでもこの自信を伝えたくて、背面にSignatureシールをバージョンアップの目印として貼らせていただく予定です。

DAC-NS1Sは、DAC-NS1S Signatureと名前を変更し、新色のフロントパネルを用意しようと検討中。バージョンアップ時にフロントパネルを交換したいお客様には、実費で変更できるよう準備してみます。こちらはこれから取り掛かる作業ですので、もう少々お待ちください。

さて、バージョンアップ費用です。“ver.2011”のお客様は、23,000円(税・返送料込)で、最新“ver.Signature”へのアップグレードを受付ます。2010年以前の旧バージョンのお客様は、プラス5,000円の28,000円(税・返送料込)です。ご検討よろしくお願いいたします。

メールかお電話でお申し込みください。ご不明な点がございましたら、なんなりとお問合せください。

リスニングオーディオ攻略本

・・・12章“位相”の解説は必見。位相の概念を理解できれば、なぜミリ単位以下のセッティング精度が必要なのか、その謎が解けます。

音の名匠が愛するとっておきの名盤たち
・・・ベーシストのアンソニー・ジャクソン氏が、名盤『Naughty/チャカ・カーン』のレコーディングエピソードを公開。

≫ プライベートブログ『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/11/29(Tue) 16:57:39 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2058)

Link

Search