ステレオディフューザー その17

ステレオディフューザー次回分のご予約を承っております。9月中旬ごろに12セット入荷する予定です。すでに数セットのご予約をいただいておりまして、9月1日17時現在、残り9セットですので、お早めご予約ください。

 ≫ステレオディフューザーの販売ページ

今日は、グラミー賞受賞エンジニアである太陽倶楽部レコーディングスの加藤明さんが、レクスト軽井沢に来られました。ガラスCDと新トランスポートの比較試聴は、なかなか刺激的な内容です。後日、詳しくレポートします。

加藤さんから、ステレオディフューザーのご感想を頂戴しました。今日はそちらを掲載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

SH-SP7のバージョンアップありがとうございました。大変ご機嫌な音色になりました。やはり良いですね。

SP7が届いた時、丁度知り合いのギタリストが遊びに来ていたので、スタジオのスピーカースタンドにステレオディフューザーを設置する実験を行ったところ、その効果に彼自身大変驚いていました。(何の先入観も無いのですから当然?)

私自身も、明らかにセンター定位が向上し、音場が自然に広がるのがわかりました。それに音楽的ニュアンスが明らかに向上するのですが、それが決して何か誇張していたり、ピークがとれたりとは違う感じで、丁度アンプのクオリティーがぐっと上がったような、そんな印象でした。

手伝ってもらったスタッフも同感で、最初はステレオディフューザーを置いたり、外したりして効果を確認するつもりでしたが、いきなり最初の設置で、「あ、なにこれ?もうこのままでOK!外したくない!」という結論で終了してしまいました。(笑)

ステレオディフューザーはミックスダウン作業にも、大いに有効です。脳内定位の誤差が無くなると言えば良いのでしょうか。自分自身で補正しなくてよくなるので、ストレスが減りました。(笑)

(太陽倶楽部レコーディングス 加藤明 様)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

加藤さんからは、勉強の素材となるマスター音源を、いくつかお借りすることができました。本当にありがとうございます。

リスニングオーディオ攻略本

・・・添付CD『Flow』は、ピアノ、バイオリン、チェロの音質がリアルで、本当に美しいサウンドで収録されています。輝きながらダイナミクスあふれ迫ってくる様が再現できれば、オーディオ冥利につきるというものです。

音の名匠が愛するとっておきの名盤たち
・・・添付CD『Flowライブ』は、ライブ演奏ならではの臨場感が魅力です。バイオリンは弓の毛が切れて無くなりそうな熱演、チェロは超難関な早弾き、ピアノは優しくも力強い響きが、オーディオ再現の腕の見せ所でしょう。

≫ プライベートブログ『軽井沢暮らし一年生』 更新中
2011/09/01(Thu) 18:09:34 | ステレオディフューザー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2112)

Link

Search