Z-LNC01S / AT-Nakedと、100万円XLRケーブルとの比較レビュー!

限定生産 RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Nakedのレビューが届きました。なんと、100万円クラスのXLRケーブルとの比較試聴です! ありがとうございます。

≫ 限定生産 RCAケーブル Z-LNC01S / AT-Nakedのレビュー

──────────────

Marcoa 様  ★★★★★ 投稿日:2018/12/25

『究極のスタンダード』

naked_181226.jpg

既に、自分でセレクトしたXLRケーブルを愛用しているので、当初導入の予定はありませんでした。
が、ここ最近で購入した「ATA-EP」の衝撃といったらなかった。同じノウハウが使われたZ-LNC01S /AT-Nakedは一体どんな音を奏でてくれるのだろう?とても気になって仕方がありませんでした。

ケーブルは思った以上に細く、取り回しは良好。Nakedスタイルですが、説明の通り、通常の使用範囲内での強度は十分にあると感じました。

十分にブレークインをしてから、試聴を開始しました。

まず気がついたのは、全体的なバランスがフラットで、クセが殆ど感じられないこと。
そして、個人的に評価したいポイントは、ボーカル曲がとても気持ちよく聴けるというところ。派手さは無いですが、肩肘張らずに心ゆくまで楽しみたい...という気にさせてくれます。

同価格帯のケーブル...いや、数十万の低音がどう、高音がどう、高純度素材云々と謳っているケーブルは、足元にも及ばないでしょう。そして、価格は2万円台。脅威のC/Pと言わざるを得ません。


参考に、現在愛用のXLRケーブル「Stealth Indra」を用意して比較しました。

音楽を部屋いっぱいに満たし、音楽の中を遊泳するという表現は、Indraの独壇場でした。が、曲によっては遊泳しにくい??なソースがあるのも事実です。
対して、Z-LNC01S /AT-Nakedは、それよりは情報が縮小するものの、ソースを選ばず、安心して音楽をゆっくり、じっくり楽しめます。

纏めると

Indra:レファレンス(このケーブルの傾向が好きな人向け)
Z-LNC01S /AT-Naked:究極のスタンダード

といったところでしょうか。

射止めたケーブルが既にある、XLRに路線変更したという方でも、使ってみる価値のある銘ケーブルです。


──────────────

ATコア内蔵のZ-LNC01S / AT-Nakedでも圧勝できなかったとは、流石に100万円クラスのケーブルは強敵です(笑)。

Z-LNC01S / AT-Naked、残りあと1ペアのみ。即納できます!

≫ Z-LNC01S / AT-Nakedの販売ページへ
(閲覧にはレクストダイレクトの会員ログインが必要です)
2018/12/26(Wed) 16:49:39 | ケーブル

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search