バナナプラグ非対応ターミナルかと思ったら、なんとキャップだった!

バナナ制振プラグをご購入いただいたお客様より、「差し込もうとしたら、スピーカーにバナナプラグ用ジャックが無かった」とのご連絡をいただきました。お使いのスピーカーをお尋ねすると、ソナスファベール/コンチェルトグランドピアノとのこと。

ソナスファベール社クラスのスピーカーがバナナプラグ非対応だとは考えられません。そこで、お送りいただいたのがこの写真。

bnn_gp_1_181002.jpg

確かに、バナナプラグ用の穴がありません。ですが、スピーカーターミナルの削り出しパターンからすると、わざわざバナナ穴を埋めるとは考えられないのです。そこで、「赤と黒のシールで、バナナ穴が塞いであるだけではないのでしょうか?」とお返事しました。

結果やいかに?

お客様が奮闘され、なんと赤と黒のプラグキャップだったことを発見されました!

bnn_gp_2_181002.jpg

なかなか珍しいケースですので情報共有したくお願いしたところ、お写真の掲載を快諾いただきました。ありがとうございます。

スピーカーターミナルは自社で削り出しして製作するケースは少なく、アンプやスピーカーは既成品(もしくは既成品ベースの改良タイプ)を採用することが多いのです。ということは、わざわざバナナ穴無しの既成品を作るのは、需要を狭めるので考えにくいと言えます。

バナナ制振プラグは、ほとんどのアンプやスピーカーに取り付け可能です。バナナ制振プラグの生産が追いつけば一般販売を開始しますので、もう少々お待ちください。

バナナ制振プラグで、ぜひ夢の超オーディオ・サウンドを手に入れてください!

──────────────

レゾナンス・チップAT、Amazonプライムで即納可!
2018/10/02(Tue) 16:58:57 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1997)

Link

Search