1,000円イヤホンにレゾナンス・チップ AT!

e☆イヤホン秋葉原店さんのレゾナンス・チップ AT第2回イベントが近づいてきました。楽しみです!

『レゾナンス・チップ AT アンコール試聴会』
日時:7/29(日)12:00〜19:00  

イベントで比較試聴用に用意しているイヤホンの中に、約1,000円イヤホンのHSE-A1000があります。約1,000円なのに、こんな立派なパッケージに入っているんです。

rcat_180718_1.jpg

レゾナンス・チップ ATの有無で2本同じHSE-A1000を用意しても、約2,000円で済みます。レゾナンス・チップ ATの販促物としては激安で大助かりです。今までHSE-A1000のブラックとガンメタの計4本を購入し、フル稼働中。次回イベントのため、ホワイトとゴールドの計4本を追加購入しました。

カラーによる音の違いはゼロでは無いのですが、まぁ無視して良いレベルだと思います。前回のブラックとガンメタは単純に目視で見分けにくかったので、今回は派手なカラーにしてみました。

ノーマルのHSE-A1000を聴くと、約1,000円とは思えぬご機嫌なサウンド。とはいえ、上位価格帯のイヤホンと比較すると、レンジは狭めで音像も小さめ。このあたりが、気になるか気にならないか。どうしても1,000円イヤホンの限界があると思います。

そこでレゾナンス・チップ ATをHSE-A1000に装着。イベントで「ホントに同じイヤホンですか?」と皆さんが驚いたほど大変身を遂げるのです。

rcat_180718_2.jpg

低音がガツン!とくるようになり、音像も大きく広がります。なんといっても、立体的に音楽が再現されるようになるのは感動的。HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATで、約4,000円イヤホンに変貌したのですが、5,000円クラスなら圧勝しています。

1万円クラスのイヤホンと勝負するとなると、ドライバーの弱さが気になり始めるので、HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATが勝てるかどうか微妙なところになってくるでしょう。

少なくとも、初めてカナル型を体験してみたいという方なら、HSE-A1000+レゾナンス・チップ ATで大満足していただけること間違い無しです。 7/29(日)のイベントに持参しますので、ぜひ聴いてみてください!

──────────────────────

レゾナンス・チップ AT Amazonプライムで即納です!


King of REQST のR-Padも入荷しました!
2018/07/18(Wed) 16:53:18 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1976)

Link

Search