2017年最終ブログ: 簡単に奇跡の音が出たこの一年

本日が2017年最終ブログです。レクスト葉山の掃除も終え、あとは少々の事務処理を残すのみで無事に仕事納めです。

今年を振り返ると、なんとも絶好調な一年でした。R-Padシリーズが完成し、奇跡の音が簡単に、誰でも、失敗なく出せるようになったのは、2016年まででは考えられなかったことです。

奇跡の音が簡単なのを実感したのは、12月のハイレゾ音源イベント。従来ならば大きく時間を割いていたルームチューニングが、たった2枚のR-Padで済みました。レゾナンス・チップRTを一切使わず、天井エアコンの隙間にR-Padを1枚挟み、床にR-Padを1枚置いただけ。

会場のお客様は誰も信じていなかったのですが、床のR-Padを撤去すると、あら不思議。夢のような音楽空間が、普通のショールーム音響に逆戻りするのですから。証拠の動画がありますので、来年に公開したいと思います。お楽しみに。

そしてR-Pad-ezによる、究極の壁コンセント・チューニング。詳しくは、こちらのブログで。

ルームチューニングと電源環境が完璧ならば、あとは機材を精度を高めてセッティングするのみ。試行錯誤はゼロで、奇跡の音までの最短コースは、なんと楽チンだったことか!

でも、簡単にしすぎたことへの弊害もあります。それは、なかなか信じてもらえないこと。イベントでも、実際に聴くまで「これほどとは・・・」、「驚きました!」、「疑ってました。」と多くのお客様からお声がけいただきました。体験した人でこれなのですから、ネットの文章だけで「信じてください」というのは無理なのかもしれません。

きっと、届く人、届かなければいけない人には、このブログからだけでも、事の重要さがお伝えできると信じています。R-PadとR-Pad-ezを導入した方から順番に、奇跡の音が手に入っていくだけ。ただただ真実の流れは、それだけなのです。

世の音楽好き、オーディオ好き全員でなくても良いのかもしれません。少しずつ奇跡の音が存在することが広まり、それが誰でもできる簡単な作業・・・いや、作業というほどでもなく、ただ置くだけ、挟むだけ、立てかけるだけですから、幸せな音楽を聴く時間が早くやってきて、長く楽しんでいただければ本望です。

簡単に書くつもりが、長くなってしまいました。年末年始休暇でも、R-PadとR-Pad-ezはAmazonプライムで即納ですので、「奇跡の音って、なんだろう?」と気になった方は、ぜひ挑戦してみてください。



──────────────────────

さて、恒例の2017年ベスト音源。

CD盤は、あまりの音の良さに驚き、その音楽エネルギーの分厚さに感動し、CD規格の限界を超えられることを教えてくれた1枚。機器やケーブルのエージングにも最適な、『Delicia/金子飛鳥&林正樹』。


ハイレゾ版は、もちろん私のプロデュースした超高音質ハイレゾ音源のコンピレーション『厳選! 太鼓判ハイレゾ音源ベストセレクション キングレコード ジャズ/フュージョン編』。いきなり、ハイレゾ音源の真髄を体験できます。ご感想も楽しみにしております!

hd_best.jpg

──────────────────────

本日はメルマガも発行しますので、ぜひご覧ください。

それでは皆様、本年も大変お世話になりました。どうぞよい年をお迎えください。
2017/12/28(Thu) 16:31:26 | 日記

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1926)

Link

Search