またも更新! R-Pad-ezの新活用法を見つけた! その2

先週末発行のメルマガとブログでお伝えした、新製品R-Pad-ezの革新。お客様からは、「衝撃のメルマガ」とのお声も。

本当に、音楽の宇宙が見えたのか? それとも、興奮していただけで錯覚したのか? さっそく追試すべく、本日も徹底試聴しました。

「錯覚ではない!」

R-Padの小型化という目標のつもりが、私たちはとんでもないものを開発してしまったのかもしれない。R-Pad-ezは神アイテム! ちょっと信じられないサウンドが飛び出しました。

前後方向=Z軸情報の改革。正体はコレに違いありません。Z軸情報が充実すると、一般的には音楽が薄く感じるものなのですが、R-Pad-ezの驚くところは、そんなデメリットを一切感じないところ。逆に音楽エネルギーは増えて感じます。ただただ、音楽が立体的に浮かび上がる・・・それもエネルギッシュに。

音量感がアップして、立体情報が増えるとどうなるか? それが音楽の宇宙が見える現象の謎解きです。

先週末の写真が分かりにくかったので、再度撮り直しました。まずはRCAケーブル。R-Pad-ezの方向を間違えぬよう、左右に各1枚ずつR-Pad-ezを使います。ポイントはケーブル・ブレスレットとR-Pad-ezが接触しないこと。ケーブル・ブレスレットを大きく動かしておくと良いでしょう。

ez_1_170911.jpg

次に、先週の写真で少し分かりにくかったスピーカーターミナル。プラスとマイナス端子の間に差し込み、各スピーカー・ターミナルにR-Pad-ezが接触するようにします。ポイントはR-Pad-ezの方向性だけで、R-Pad-ezの差し込む角度などは、そんなに気にすることはありません。また、R-Pad-ezをスピーカーケーブルに適応するのは、アンプ側かスピーカー側のどちらかだけでOK。R-Pad-ezは上流のほうが効果的ということから、私はアンプ側にR-Pad-ezを設置しています。

ez_2_170911.jpg

さて、本日のR-Pad-ezの更なるアップデートとは何か?

 USBメモリにR-Pad-ezを使うときは、レゾナンス・チップ・ブロウは撤去する。

レクストチューンのUSBメモリプレーヤーを使用されている皆様には、USBメモリの銘柄を特定し、レゾナンス・チップ・ブロウを貼るよう推奨してきました。レゾナンス・チップ・ブロウの音質向上レベルが高いのには変わらないのですが、そこにR-Pad-ezを対応させる場合に限り、レゾナンス・チップ・ブロウは撤去したほうが、更に高音質です。無視できないレベルのグレードアップですので、申し訳ありませんがレゾナンス・チップ・ブロウは撤去してください。

逆に言えば、R-Pad-ezを使えば、USBメモリの銘柄を気にせず高音質化できるということ。レクスト選別品USBメモリでなくとも、R-Pad-ezさえあればOKということになります。ぜひお試しください!

R-Pad-ez、第2ロットが完売しました。ありがとうございます。続いて、第3ロットのメルマガ先行予約を開始しました。R-Pad-ez第3ロットの入荷は早く、今週末までには入荷し、発送開始できる予定です。ぜひ、R-Pad-ezで音楽の宇宙を目撃してください!
2017/09/11(Mon) 17:50:57 | R-Pad

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1782)

Link

Search