レクスト試聴ルームの最新リッピング技

CD盤をリッピングするとき、最近の秘密兵器はコレ。

rpad_usb_1_170620.jpg

ん? R-Pad装着USBケーブルの先端に見慣れぬものが。

rpad_usb_2_170620.jpg

USB3.0タイプAオス/マイクロBオスという珍しい変換プラグ。この変換プラグを使えば、外付けCDドライブに直結できます。お値段は安いのですが、中国からの発送ですので、到着するまで半月くらいかかりました。



私の使っているドライブはこれ。R-Pad装着USBケーブルを使ってこの外付けCDドライブを接続すには、ACアダプターが必須です。



接続は、外付けCDドライブ → 変換プラグ → R-Pad装着USBケーブル → MAC → R-Pad装着USBケーブル → USBメモリ という構成。R-Pad装着USBケーブルを2本使っています。

このリッピングを聴くと、もう普通のリッピングでは満足できなくなります。分厚いというか濃厚というか。リッピングのオリンピックがもしあったら、間違いなく金メダルが狙えます。

スタジオで聴く44.1kHz/16bitマスターと、プレスCD盤の音質差に悩んだ時代が嘘のようです。CD盤から、きちんとした音楽の記憶を、全くの劣化無しで取り出せている印象。少なくとも私は、もう44.1kHz/16bitマスターやPMCD盤に興味は無くなりました。市販CD盤で十分な音質が確保できていますから!

近日、比較試聴動画を撮影してみますね。お客様からCD盤とUSBメモリを送ってもらって、1曲だけリッピングして聴いてもらうという企画も面白そう。アイデアがありましたら、ぜひ。

R-Pad装着USBケーブルは、最終生産分が残り6本(6/20 16時現在)。完成していますので、即納できます。R-Padをお持ちなら、リッピングのときだけUSBケーブルに装着すれば良いので、少し投資を抑えることができます。
 
≫R-Pad装着USBケーブルの販売ページへ
2017/06/20(Tue) 16:54:08 | R-Pad

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search