R-Pad装着USBケーブル、ラスト8本を作ります!

メルマガ限定で販売し、合計47本が完売した“R-Pad装着USBケーブル”。私が個人的にあと1本欲しくなり、パーツをかき集めてみました。嬉しいことに、あと9本の製作が可能です。ということで、私用の1本を先に予約させていただき、残り8本のご注文を承ることにしました。

これまではメルマガ限定販売でしたが、最終生産ですので、このブログを読んでくださっている方なら、どなたでもご購入可能とさせていただきます。下記リンクよりご予約ください。

  ≫R-Pad装着USBケーブル 予約ページへ

ゴールデンウイーク前に完成してお届けできるよう、来週に製作作業を行います。もし「USBオスBコネクタに変更したい」などのご要望がありましたら、今週中にご相談いただければ可能かどうかお返事します。

このR-Pad装着USBケーブル、2月に開催しましたハイレゾイベントで披露しましたところ、大絶賛でした。2本だけイベント会場で販売したところ、2万円オーバーの高額ケーブルにもかかわらず即完売。実際にあのサウンドを聴けば、我慢できませんよね〜。

イベントゲストのドラマー神保彰さんも「ケバケバ感が取れて、柔らかく、スムーズになった!」とのご感想。神保さんも、最初はUSBメモリを延長しただけで音質向上するなんて「ホントですか〜?」と信じられない様子でしたが、実際に聴いてみて大いに驚かれていました。

そうケバケバ感! デジタルって、ケバケバした音がしていると思いませんか? では、デジタル音楽再生から、あのケバケバ感が無くなったら・・・。デジタルの超高解像度のまま、アナログレコード盤のように柔らかくスムーズな音になったら・・・。それを実現したのがR-Pad装着USBケーブルなんです。

信じられないですよね。私も未だに信じられないくらい。そこで比較試聴動画をご用意しました。プリアンプ出力からハンディーレコーダーのライン入力へ直結し、違いはR-Pad装着USBケーブルの有無のみで、比較試聴動画を撮影しました。



最初はR-Pad装着USBケーブル有りからスタートし、曲の途中でR-Pad装着USBケーブルを撤去します。1:27から後半は、USBメモリ直結のサウンドです。もちろんUSBメモリ自体は1本で、全く同じデータを再生しています。違いは、R-Pad装着USBケーブルを挿入しているかどうかのみです。

聴きどころは、名手・金子飛鳥さんによるバイオリンのソロ。R-Pad装着USBケーブル有りが0:37〜、無しが2:04〜です。ケバケバ感の有無がネット動画でもわかりますでしょうか?

他には、リズムの抑揚が違います。USBメモリ直結は、なんだかカチッとしたリズムに感じませんか? R-Pad装着USBケーブル有りのサウンドは、まるでアナログレコードのような良い意味での揺らぎを感じます。

なんといっても面白いのは、R-Pad装着USBケーブルの音質向上効果が、このように記録できるということ。トランスポートにUSBメモリをどうやって挿すかだけの違いですから、まさかこんなポイントで音質変化しているとは、私も想像していませんでした。大いに反省しています。

音質が変わっているということは、元に戻す方法もあるはず。そんなアイデアから開発できたのがR-Pad装着USBケーブルです。

このラスト8本が無くなると、材料となるケーブルが無くなってしまいます。私の生産計画が悪く、いつもご迷惑をおかけして申し訳ございません。少なくとも年内はケーブル材が無いので、R-Pad装着USBケーブルは製作できないんです。ケーブル材を再生産する暁には、ご要望があればR-Pad装着USBケーブルの復刻を検討しますが、ひとまずこのラスト8本で、ぜひご検討ください!
2017/04/20(Thu) 17:58:47 | R-Pad

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1767)

Link

Search