第3弾! これならわかる? R-Padの比較試聴動画

第一回”、第二回”に続き、R-Padの比較試聴動画の第3弾です。

本日は、おなじみの音源、著書『すぐできる! 新・最高音質セッティング術』の低音トリオで比較試聴してみましょう。ドラム、ベース、エレキバイオリンのトリオですので、派手目の音源再生時におけるR-Pad効果が聴けると思います。

これまで同様、R-Padを初めて試してみるという想定で、1枚だけトランスポートの天板に置きました。R-Padを天板に置いたところからスタートし、30秒間隔くらいでR-Padを撤去したり置いたりしています。



比較のコツは、動画を全て読み込ませておいてから、カーソルを動かしてポイントごとに低音トリオのサウンドをチェック。画像で天板を見れば、R-Padの有無が簡単に分かります。

聴きどころで分かりやすいのは、ドラムのスネアの音色。R-Pad有りだと“ズパン!”って感じですが、R-Pad無しだと“パスッ”と迫力が無くなります。これはネット動画よりも現実世界で聴くほうが顕著で、従来のオーディオでは不足していた、生々しいド迫力サウンドにつながるR-Padの音質向上なんです。

今週の3回にわたる比較試聴動画特集はいかがでしたでしょうか? 「まだ分からない?」というご意見もあるでしょう。またいろいろとアイデアを練って挑戦してみたいと思います。実際に聴くと、一発でR-Padの魅力が分かるんですけどね〜。

≫レクストダイレクトR-Pad販売ページへ(返品・返金保証キャンペーン中!)

↓ AmazonのR-Pad販売ページへ(Amaoznプライムで即納!)
2017/04/19(Wed) 16:37:19 | R-Pad

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1706)

Link

Search