レクストDAC、NS2017バージョンアップのご感想 その10

今週のレクストDAコンバーターのNS2017バージョンアップ、残すは5台の最終試聴のみ。完成までもう少々お待ちください。

本日も、NS2017バージョンアップのご感想を転載させていただきます。ありがとうございます!

--------------

レクスト様

NS2017バージョンアップを受け取り、すばらしい効果を確認しました。

一聴してすぐに感じたのが、低音の厚みが増し、ベースとドラムが気持ちいいです。また、ボーカルやギターなどの一つ一つの楽器の音色がよりクリアになり、小さな音量で鳴ってる楽器でも明確に分離して聞こえ、曲の全体が気持ちよく聞こえてきます。

なによりも良かったのが、2月22日の神保さんゲストのイベントにも参加したのですが、新アルバム「21」の曲を聞いた際のドラムの重々しくかつはじける感じが、家に帰ってから聞いた時はいまいち再現されてなかったのですが、バージョンアップ後に聞くと、まさにあのはじけて厚みのあるドラムの音が家でも聞けたことです。

DAコンバーターのどこをどういじったのか、バージョンアップの技術的内容を教えていただけてないので、正直バージョンアップした方がいいのか迷ったのですが、レクストの製品は多数購入してきて今までも皆効果があったので、今回も思い切って申し込んで本当に良かったです。ありがとうございました。

今後とも、良い製品開発を期待してます。
失礼します。

p.s.
できれば、詳しくなくてもよいので、バージョンアップでどのようなことをしたのか、雰囲気だけでもちょっと知りたいところです。

(埼玉県 A様)


--------------

そうなんです、神保さんイベントでのご機嫌なサウンドの正体は、実はDAコンバーターにあったのでした。イベントではR-Padに集中して解説しましたが、レクストDACを持ち込まなければ、そしてNS2017バージョンでなければ、ドラムの炸裂感が出せません。ホント、NS2017バージョンアップの賜物です。

チューニングの技術説明には難しいものもありますが、ブログかメルマガで何らかの解説ができないものか考えてみます。
2017/04/12(Wed) 16:45:10 | DAコンバーター

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1693)

Link

Search