TL5+NS441Dのチューニング

本日はTL5+NS441Dの最終チューニング作業。明日、最後の試聴テストを行って完成です。

tl5+ns441d_161117.jpg

いや〜、イイですね、このTL5+NS441D。CD盤を回して鳴らす意味がある、その動作作法とサウンド。ベルトドライブが甘い音だと思っているなら、それは大まちがい。USBメモリ再生トランスポートよりも、鮮度の高い音楽を聴かせてくれます。

CD再生機の音質改善をスポーツに例えるなら、回路設計は基礎体力や筋トレ、抵抗やコンデンサのパーツ交換はシューズやウエアの高性能化となるでしょう。NS441Dチューニングは、フォームの改善という感じです。アスリート自体の運動能力は変わらないし、シューズや装備は同じ。しかし、フォームの崩れや癖や無駄が多い体の動きを改善すれば、記録が大幅に更新するものです。

CDプレーヤーって、どれだけ悪いフォームかって、そりゃもう。そこに誰も手をつけず、筋トレや高性能シューズだけで改善しようとしてきたのが、この近代オーディオの問題点なんです。CDプレーヤーのフォーム改善は簡単ではありませんが、不可能ではなかった。それを可能にしたのが、レクストの振動コントロール技術。世界の誰にも真似できないので、特許も必要ありません。

TL5+NS441D、私も人生最後のCDプレーヤーとして、メインシステムに迎え入れたいな〜と思っています。葉山の開発ルームが完成したら、TL5+NS441Dを本気で検討してみたいですね!
2016/11/17(Thu) 17:58:29 | NS441D技術

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(1960)

Link

Search