制振Yラグ“RY-318”、取付サンプルあります。

1年ぶりに制振Yラグ“RY-318”を復刻再生産しました!

このガッチリとスピーカーターミナルと結合する安心感がたまりません。

ry318_151124_1.jpg

制振Yラグ“RY-318”を一年以上使用してきて、やはりその魅力は2つ。まずは、テコの原理でスピーカーターミナルのトルクを最適化できるところ。今までは長い熟練が必要だったターミナルの締め付けトルク調整が、簡単に理想値でセッティングできます。ケーブル素線直結よりも音質向上するのは、実はコレが秘密のひとつなんですね〜。定期的にターミナルの緩みをチェックしているのですが、ケーブル素線直結では発生する緩みが、制振Yラグ“RY-318”では見事に解決。ビクともしない完璧な状態でターミナルと制振Yラグ“RY-318”が結合できています。

もうひとつの魅力は、もちろん理想的結合から得られる音質向上。まぁ、これからの音楽人生で制振Yラグ“RY-318”無しのスピーカーケーブル結合は、私には考えられません。制振Yラグ“RY-318”のサウンドが基準とするならば、ケーブル素線直結ではいかに上手く調整しても、マイナス10ポイント以上は覚悟する必要があります。ターミナルのトルク調整を練習していない人なら、マイナス20〜マイナス30ポイントです。制振Yラグ“RY-318”が劇的に音質向上できるのは、このターミナルでのマイナスポイントが大きすぎるためなんです!

下の写真をご覧ください。私の使用している制振Yラグ“RY-318”の金メッキの状況です。一年経っても曇ることなくピカピカのままです。イベントでは、ほぼ毎回持参しているスピーカーケーブルと制振Yラグ“RY-318”のセットですが、丁寧に使用すれば傷も少なくキレイなものです。スピーカーケーブルを交換する時期がきても、制振Yラグ“RY-318”はそのまま使い続けることができるのも安心ですよね。

ry318_151124_2.jpg

制振Yラグ“RY-318”の残数は、現在残り8セット(11/24 17時現在)。制振Yラグ“RY-318”は、これが最後の生産となるかもしれません。無垢材からの削り出しや、金メッキ加工など、なかなか生産が難しいのです。

「自分のスピーカーやアンプに、この分厚いYラグが取り付け可能かな〜?」と心配もあろうかと思います。そこで制振Yラグ“RY-318”の取り付けサンプルを1個ご用意しました。

試聴サンプルですと8個必要ですが、大切な制振Yラグ“RY-318”をそこまでの個数はご用意できません。あくまで、スピーカーターミナルに挿入可能かどうかテストできる取り付けのサンプル×1個ですので、ご了承ください。

まず、制振Yラグ“RY-318”をレクストダイレクトよりご注文いただき、残数を確保してください。備考欄に『仮予約/取付サンプル希望』とご記入いただければ、こちらで分かるようにしておきます。

制振Yラグ“RY-318”のサンプルは、ご返却の際の送料のみご負担ください。順番にお送りしますので、1ヵ月以上お待たせする可能性もございます。詳細など、ご不明な点がございましたら、なんなりとお問合せください。

 ≫制振Yラグ“RY-318”販売ページへ
2015/11/24(Tue) 17:01:10 | アクセサリー

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2112)

Link

Search