ビフォーアフター比較試聴動画の聴きどころ

昨日のブログで発表しましたNS441D施工CDトランスポート“TL5+NS441D”、早速ご注文を頂戴しました!信頼してくださって、本当に嬉しいです。期待を大きく超えるサウンドをお届けできるよう、スタッフ一丸となってチューニングに取り組みます!

tl5+ns441d_151111.jpg

さて、昨日のTL5+NS441Dのビフォーアフター比較試聴動画はいかがでしたでしょうか?聴きどころを少し解説してみます。

チェックポイントは、なんといっても“CDの音の硬さ”ですね。メーカーもオーディオ評論家も、このCDの音の硬さが44.1kHz/16bit規格が原因と考えています。だから誰も抜け出せないんですよ。

実は44.1kHz/16bitのサウンドは、こんなものではありません。私も初めてマスタリングスタジオで44.1kHzマスターを聴いたときは、腰を抜かしましたもの。「なんでこの音が我が家では聴けないんだー!」と、ショックと悲しみでその夜は眠れませんでした。

答えを知っていれば誰でも解決できるというわけでもありませんが、答えを知らない人よりは回答できる可能性はグンと高まるもの。このCDの壁を超えるNS441D技術が完成したのは、もう何年前になるでしょうか。それから数百台のCDプレーヤーにNS441Dチューンを施してきました。CD規格の、あのなんとも不快な硬いサウンドから抜け出す、未だなお唯一のテクニックだと私は思います。

ビフォー動画では、そのCD規格らしい硬いサウンドが少しだけ顔をのぞかせています。金子飛鳥さんのエレキバイオリンの抑揚や、強烈リズム隊のグルーヴに着目してチェックしてみてください。決して高音がどうとか低音がどうとかを聴いていると分かりませんよ〜。ビフォー動画がなんとなく平面的で躍動感が少ないなと感じたらOKです!

次にアフター動画。いや〜見事です。これがプロデューサー自身として100点が出せるサウンド。作曲からミックス、マスタリングを経て、イメージした通りの音楽がそこにあります。

「YOUTUBE動画で比較試聴なんてできるの?」と侮ることなかれ。リスニング能力のスキルアップにもなりますので、ぜひ挑戦してみてください。

でも、心のアンテナが磨かれてしまうと、次はご自身のシステムで「CDの音の硬さが気になるようになってしまった〜」ということになりかねないかも?その際は、ぜひNS441Dチューンをご検討くださいね!
2015/11/11(Wed) 16:32:03 | トランスポート

Profile

image
株式会社レクスト
0267-31-0889(Tel)
info@reqst.com

New Entries

Categories

Archives(2097)

Link

Search